カテゴリー: ブログ

古代ロンドン発掘事情:遅報(56)

 以前、ロンドンのCordwainerで、金融・経済情報配信会社Bloombergのビル建設のため1.2ヘクタールの土地を12m掘ったとき、古代ローマ時代の遺跡がみつかった。紀元後60年代前半の町が出てきた、という情報をこのブログでアップした気になっていたのだが、下書きで終わってしまったのだろうか・・・。発掘調査期間は2010-14年(https://data.bloomberglp.com/company/sites/30/2017/11/BLA-web.pdf)。1万4000点を超える出土品の中には、405枚の書字板も含まれていた。これはこれまで最古とされていたヴィンドランダのものよりも50年は古い発見であって、当時のナマの史料として貴重なことはいうまでもない。

 また2009年から進行中の地下鉄工事(42km)「Crossrail」プロジェクトも、考古学にとって大成果をもたらしている由(https://en.wikipedia.org/wiki/Crossrail)。そして2016年2月には、これもビル建設予定地のLime Street 21で発見されたフレスコ画がMOLAで公表されている(https://www.mola.org.uk/blog/discovery-ornate-roman-fresco-revealed)。

 かくのごとく、最近古代ローマ時代のロンドン研究は破竹の快進撃中なのである。先のない私としては、誰かやらんかい、と叫びたい気分なのだが・・・。

Filed under: ブログ

ポンペイ近郊で二人の遺体発掘

 この情報、横文字で知っていたが、アップしたつもりだったが・・・。日本語出たのでご紹介する。「伊ポンペイ遺跡で2人の遺体発掘 ベズビオ火山噴火の犠牲者」https://www.afpbb.com/articles/-/3317278?cx_part=logly

 ここでも、40歳の主人と若い奴隷、という物語的解説をしているが、どうだろう。

https://archaeologynewsnetwork.blogspot.com/2020/11/the-bodies-of-cloaked-man-and-his-slave.html

Filed under: ブログ

ボクシング? またはパンクラティオン?

 まだ会員を辞めていない某学会で月報にオリンピックゆかりの短文を書かないかと言われ、かねて気になっていたボクシングに触れてみるいいチャンスと快諾した。そして4葉の写真と1250字の原稿を送ったばかりである。

 さっきテレビをつけたら「大いなる西部」(米国・1958年)をまたやっていた。そこで、東部の優男役グレゴリー・ペックと西部の牧童頭役のチャールトン・ヘストンが殴り合いをする場面があって、まあだいたいは顔面攻撃に終始していたが、昔見たときはなんで顔だけなんだ、腹とか脚とかをなぜ攻撃しないのか、と思ったものだ。今回、これって本当は古代的なボクシングの名残ではないか、と思い至った次第。

 私はもちろんボクシングについて素人である。ググっての付け焼き刃で、耳の後ろが急所だと書いてあるのを見つけて、やっぱりプロは違うなあと感心した。後述のマンガでも、近代拳闘では禁じ手になっている「腎臓打ち」があると出ていた(コミック版『暗黒伝』第5巻、29-30頁)。こういった武闘技は急所を知らずして本当は論じられないはずなのだ。

 なお、上記月報に掲載したかったができなかった写真を以下に載せておく。掲載できたものは、上掲のオスティア遺跡のIV.vii.4「Caupona di Alexander e Helix」出土場所にそのまま保存されている白黒舗床モザイクで(但し、もちろん修復は入っているはず)、3世紀初期の作だが、それにはめ込まれている人名(ALEXANDER, HELIX)と同名の二人が別所でも登場しているのが下図で、私はこの件をオスティアの案内板で初めて知った。

バイア城カンピ・フレグレイ考古学博物館所蔵

 この白黒舗床モザイクは、縦3.8m、横6.9m、三世紀前半の作で(すなわち、期せずして前出オスティアのと同時代となる)、ポッツオリ(旧プテオリ)郊外の邸宅からの出土品とどこかで読んだ記憶がある。問題の人名だが、ここでの4人の登場人物のうち3名のそれが残っている(もう一人ももとはあったのだろう:枠線が途切れている破損部分でもあるし)。現況では、左端が「ELI.X」、 一人おいて3番目が「MAGIRA」、右端が「ALEANDER」と埋め込まれている。それをオスティアを前提に、左端を一応「(H)ELIX」と読み込むわけだが、別説ではその人名の右端に短いが勝利のオリーブの小枝が描かれていること、人名も末尾が「.X」と標記されているので、勝利数10回を表しているとする見解もある。ただこの別説、他の3名についてはそういった標記がないのですぐには納得しがたい。むしろ左2名の文字部分は後世の誤った修復結果のように思われる。それに、頭上でのバランスからみて、もともと「ELI」の冒頭にもう1, 2字あった可能性が高い(同様に右側の「MAGIRA」も末尾に1,2文字あったかもしれない)。また、彼らの容姿を見ると全裸で、拳を握っているだけでグローブをはめているいるようには見えないので、拳闘士というよりも、総合格闘技のパンクラティオン競技者のように見える。となると、我々にはボクサーに見えたオスティアの両名も実はパンクラティオン競技者だったのか、それとも競技者にとって両競技に常に特化していたわけではないのかもしれない。

 ところで、舞台の中央には背の高い円柱がある。円柱の前に長いナツメヤシの枝があり、これもしばしば競技の勝利者に添えられるモティーフである。円柱の上にクッションが3つ並んでいて、その上に賞金の包みが1つ置かれ、「CL」と書かれた碑文により、その金額が150デナリウスであることが分かる。競技の図案には同様の賞金がしばしば見られる。数字が書かれている場合、賞金額と想定でき、当時の実際を再現することができて興味深いので、いずれまとめてみたいテーマである。

L’Italia meridionale in età tardo antica,Napoli,1990,Tav.LXVIIより

 更にそれらの上には、長方形の小さなパネルがあって「ISEO EVSEBIA」と書かれている。これは競技が開かれたのがイシスの神域におけるエウセベイア競技を指し示すものと想定されている。イシス神殿は町の西郊外、今は海中に没している海岸のどこかにあったに違いない。エウセベイア競技というのは、皇帝アントニヌス・ピウス(在位:138-161年)がキケロの別荘の遺構があった場所に、138年にバイアエで死亡した皇帝ハドリアヌスを一旦埋葬したが、その養父を記念しプテオリの競技場stadiumにおいて、五年ごとに開かれていた大会である(https://www.napolidavivere.it/2019/09/07/visite-gratuite-allo-stadio-romano-di-antonino-pio-a-pozzuoli/;藤井慈子『ガラスの中の古代ローマ』春風社、2009年、211,216-7頁)。

プテオリ・グループの「景観カット付球状瓶」の書き起こし:最上段左端に「STADIV[m]」が見える。2008年の発掘によると馬蹄形U型の開口部は逆に右となっている;下図参照。

 モザイクに帰る。下の方、円柱の左側に青銅製のモデルをかたどったクラテールがあり、中にはパピルスの花穂が二つ入っている。その器は賞品なのか、オリーヴ油ないしは競技者たちが自分の体に振りかける細かい砂の入れ物なのだろう。

 ところで月報原稿作成のためググっていたら、技来静也という漫画家が、1997-2009年 に『拳闘暗黒伝CESTVS』(コミック版で15巻)、2010-19年に『拳奴死闘伝CESTVS 』(同9巻+継続中)、を書いていて、慌てて購入した。漫画のストーリーはともかく 、巻末に関連コメントもあってこれがなかなかでスミにおけなかった。 漫画家といえども侮れない、というべきかむしろ、読者数的には研究論文をはるかに凌駕しているので、我ながらなにやってんだろうと思ってしまう。  

 さらに別件だが、古代ローマの裁判をググっていて、以下をYouTubeで見つけた。中央大学の試みで今から7年も前にここまでやってたのだと脱帽。

 知の回廊 第90回「古代ローマの裁判」法学部准教授・森光監修・2013/02/03(https://www.youtube.com/watch?v=HrSRmDZ5FYc)  

これからはこういった画像を利用したリモート授業がどしどし導入されるだろう。でもそのためにはアニメ作成のためには資金が必要だ(たぶん業者 というよりも卒業生を活用しているのではと想像する)。でも一度作成すれ ば長期間有効に利用できるわけで。 同じ先生の公開講座「建物を通してみる古代ローマの社会と法」2017/04/04 もあった(https://www.youtube.com/watch?v=7opdWWJ7fws)。こっちでは、その感想コメントにもあったが、著作権のせいで、授業で使われた図面や写真がぜんぜん映っていない。これが大問題で、著作権問題 をクリアーするための著作権代行協会なんかを文科省が作って垣根を低くしな いと、いつまでも文字重視から脱却できないだろう。視聴者数も伸びない(事実、前者19094回;後者1582回と、桁違いになっている)。

Filed under: ブログ

世界キリスト教情報第1558信:2020/11/30

= 目 次 =
▼ベルリンに3大宗教結ぶ「一つの家」構想
▼新枢機卿13人を教皇叙任、初のアフリカ系米国人も
▼教皇のウイグル族「迫害」発言に中国外務省反発
▼CIA元長官がイラン核科学者暗殺を「犯罪」と非難
▼米最高裁が「コロナ対策の礼拝制限を違憲」と早くも保守色
▼カンタベリー大主教が来年夏に約3カ月の「サバティカル」
▼英大学ダーウィン帳面紛失=盗難か、進化論の考察メモ

 今回は、下から三番目を紹介します。

◎米最高裁が「コロナ対策の礼拝制限を違憲」と早くも保守色  
【CJC】米最高裁は11月25日、ニューヨーク州が新型コロナウイルス対 策で、宗教施設での礼拝に集まる人数を制限した措置を違憲とし、差し止めを 命じた。最高裁は5月と7月に同種訴訟で合憲判断をしたが、トランプ大統領の 指名で10月に加わった保守派エイミー・コーニー・バレット判事が「違憲」に 回ったことで判断が覆った。早くも保守色が強まったことを印象付けた、とワシ ントン発の共同通信が伝えている。  
 ニューヨーク州のクオモ知事は10月上旬、感染拡大の状況に応じて礼拝参 加人数を10~25人に制限する措置を講じた。これに対し、カトリック教会と ユダヤ教のシナゴーグが撤回を求め、提訴していた。  
 今回の最高裁は「パンデミック(世界的大流行)の最中でも憲法が忘れ去ら れてはならない。制限は多くの人の礼拝参列を禁じ、信教の自由を保障する修正 第1条の核心部分に打撃を与えている」と指摘した。  
 最高裁は現在、バレット氏を含む6人が保守派、3人がリベラル派。今回は ロバーツ氏が再び合憲としたが、バレット氏が違憲と判断した。□
Filed under: ブログ

本ブログの初心に帰りたい:痴呆への一里塚(40)

 このブログを始めたのは、自分のささやかな、研究の落ち穂拾い、みたいなことからだったが、なんだか最近は誰でも書ける爺(じじい)放談」、もとえ時事放談が主となってきているような気がして、我ながらすっきりしない。

 実は、公開していない研究内容の「下書き保存」はそれなりに幾つもあるのだが、まあ他人様にお見せするだけの練度に至っていないというわけだろうが。しかし、いわばこの現象自体が、ひょっとすると私の気力の衰えの現れなんじゃないかと、ちょっと後ろ向きになる昨今ではある。

 そんなとき、20日ほど前来年の某学会大会発表の追加募集(但し、小シンポは古代・中世史のみ:やっぱりこの分野が低調か)がメールで舞い込んだ。自分なりにおもしろく、学界的にも意味あると思ってるテーマがないわけではないので(ずばり、あるのです!)、やっちゃおうかと一瞬思い(私の場合、自分を追い込むのがカンフル的な刺激になるし)、嫁さんにそう言ったら、彼女の分野でも、90歳の先生でまだおやりになる人がいてねえ、と迷惑そうに返されてしまった。

 理系とちがい、文系は歳取ってからこそという思いもあるのだが。幸い私には付き合ってくださる読書会参加者の人たちがいて、そこでの発表準備だけでも相当な時間を費やし、またそれは私には十分楽しい作業なのである。そこだけの発散でも十分なのだが、若手に元気がないのなら、彼らの進出を邪魔するわけでもなく、場を盛り上げるまではいかないにしても、学会大会の隙間ふさぎになるだけでもいいのじゃないか。これで萎えてしまったら、それこそ老化現象なのかもしれない、と思いつつ、追加締め切りは12月20日、まだそのメールは消さないでいる。

 リタイア時に私が設定した、健康寿命ならぬ、研究寿命は75歳。もうあと2年しか残されていない。埋まりましたかと聞いてみようかしら。でも、よくよく考えたら、あの学会、わたしゃ2018年に口頭発表やってるんだよね。たしかあの時も追加募集だったと思うけど、出身研究室主催だったし、枯れ木も山の賑わいで。

Filed under: ブログ

コロナで職場が変わる?:飛耳長目(70)

 テレビで、ホームワークをもう止めた、初めからしなかった会社が全体の6割といっていた。他方で、ホームワークはいいですよ、淡路島や沖縄に移住して、自然の中でのびのび仕事続けてますよ、と盛んに喧伝してきたのもマスコミだったが、多くのサラリーマンにとって、寝に帰るだけの、子供の勉強部屋はあっても自分の仕事部屋がない現在の居住空間では、むしろ仕事ができないらしい。挙げ句、DVも増えているという情報すら流れていたが、本当だろうか。

 片一方で未来はこうだと威勢のいい話題ばかりがしゃしゃり出るが、実際、その渦の中で翻弄される個々人はたいへんだ。生身の多くのサラリーマンにとって、なんとか変化なしで逃げ切りたい、というのが本音のはずだが、さて経営側がいつまでそれを許してくれるか。そう甘くはない予感はする。すでに異種業務に配置転換させられている人たちも出てきている現実がある、ま、失業よりはましなのだろうが(https://my.mainichi.jp/articles/20201126/k00/00m/020/037000c)。

 あっさり言ってしまうと、対応して変化する職種・職場とそうでない職種・職場がある、ということだろうが、いずれにせよ主導権は経営者側にあるわけで、従業員は受け身である。政府もgo-toなんらを連発するよりも、弱者救済の手立てに工夫を凝らすべきなのに、なにやってんだか。西村なにがし大臣のうつろなぎょろ目はもう見たくない。

 それにしても、作家の真山仁氏が面白いことを言っている(https://mainichi.jp/articles/20201126/k00/00m/020/043000c?cx_fm=mailyu&cx_ml=article&cx_mdate=20201126)。「本当の資本主義国家であれば、潰れそうな企業を国が救ってはいけない。・・・ポストコロナの日本で先端的な企業が生まれる土壌を作るため、国はコロナ禍で潰れそうな会社を安易に助けてはいけない。現在、政府や銀行は企業に緊急融資を続けているが、国が救う構図が変わらないと企業側の体質も変わらないだろう。コロナで多数の死者を出し深刻な被害を受けているアメリカ、ヨーロッパは、社会のあり方、システムが激変するかもしれない。」

 残念ながら、すべてにおいて甘えの構造の我が祖国はそうはならない、そうやって切ってはならない、そういうメンタリティの、アジア的風土の国なのだ、とつい思ってしまう私である。

 あ、なぜか中国は例外みたいだけど。だから覇権国になれるわけか。

Filed under: ブログ

世界キリスト教情報第1557信:2020/11/23

= 目 次 =
▼ロンドン教会での洗礼式を警察が中止
▼カトリック校は閉鎖せず=「NY市の規制は公立校対象」
▼米長老教会が年会をオンラインで
▼ニューオーリンズのカーニバルは恒例のパレード中止へ
▼ポンペオ米国務長官が現職初のヨルダン川西岸地区訪問
▼アゼルバイジャン支配下になる教会でアルメニア人が最後の祈り
▼公民権運動の指導者ウィリアム・ボビー・マクレーン牧師死去
Filed under: ブログ

今日病院で:痴呆への一里塚(39)

 1週間ほど帰省するので、その間の薬を確保するため病院に行った。前回のとき血液と尿を取られたが、それまで2か月の散歩の成果が出ているかどうか、大いに期待するところがあったが、まあ体重が落ちていないので、どうかなと思っていたら案の定だった。

 家に帰って妻と話したのだが、こうなると体質と思わざるを得ないのではないか、ということ。前の職場には多くの白人の神父さんがいたが、定期健康診断での数字は我ら日本人と比べるととんでもなく高いが、それで彼らは平気の平左なのだ、という話を聞いたこともある。事実はいかに。

Filed under: ブログ

大手メディアは組しやすし:飛耳長目(69)

 桜の会を最初に報道したのは赤旗だったとは。以下は毎日新聞記者の慚愧の念。形だけの反省で終わらないでほしいものだ。

「赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた」:https://mainichi.jp/articles/20201120/k00/00m/010/346000c?cx_fm=mailhiru&cx_ml=article&cx_mdate=20201121

 こんなのを見ると、やはり右顧左眄しなくてすむ批判勢力は必要だ。だが、赤旗が自分自身の足元の問題を掘り下げるとなると別問題だろうが。

Filed under: ブログ

映画「初恋の来た道」:遅報(55)

 BSスターチャンネルで偶然、本当に久し振りに映画「初恋のきた道」我的父親母親(1999年、チャン・イーモウ監督、チャン・ツィイー主演)を見た、見てしまった。

 あれもこれも、すなわち、純朴な農村風景。水汲みの重労働、家族のための機織り、学校も村民総出で造り、独身教師の食事は村民の回り持ち、そして・・・、初々しい自由恋愛の初恋の成就と、表だって触れられることはない文化大革命の世情に翻弄されながら、人はいずれ老いて死んでゆく。いや建物すら朽ちてゆくのだ。そこに関わった人間の中に思い出として、暫時留まりはするが。

 あの、決して豊かでも清潔でもなかった時代の農村、昔の日本もそうだった。古き良き時代か。しかも、登場人物はみないい人ばかり、となると、まあ大人のメルヘン映画といわれてもしかたないだろう。さりながら私など不覚にも涙が出てしまうのはなぜ。

 そして今、かの強権国家、中華人民共和国のご登場である・・・。

 昔、別の意味で大感激した「黄色い大地」黄土地(1986年:チェン・カイコー監督、チャン・イーモウ撮影)や「景徳鎮」(1988年:シェ・チン監督、リウ・シャオチン主演)をまた見たくなった。ああいうさりげなく因習・体制批判を織り込み主張を持った映画作りはもう見ることできないのだろうか。そうは思いたくない。

Filed under: ブログ