月別: 2018年2月

2018/2/5-11フランス調査旅行

グランで出会った保育園児たち
古代のグランの復元想像図:中央の神殿前に聖なる泉がある
グランの閉鎖中の円形闘技場
グランの浴場跡
地下水路から水をくみ上げる井戸跡
見ることできなかったグランのモザイク博物館
グランの城壁跡(最西端付近:左が城壁内)

グランの小教区教会:手前の石垣の下に水場がある
教会下の水場の痕跡

 留学中の林君のお世話になって、約1週間、交通費・宿泊費は当方持ちということで、行ってきました。以下は、知人に書いたメールから採ってます。
 余裕があれば、年末のアルジェリア旅行も転載するでしょう。

2/5(月)成田1105-1555Paris AF275 Paris泊
6(火)Neufchâteau泊  Hôtel EdenValue Deal 69.30€
7(水)Metz泊 Inter-Hotel Modrne 86€+
8(木)Nimes泊 Aparthotel Adagio access Nîmes   60.80€
9(金)Nimes泊 Aparthotel Adagio access Nîmes   60.80€
10(土)Paris泊 Hôtel Viator Paris  147.00€
11(日)Paris1605- AF272
12(月) -1205羽田

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
2/7
浩志@ヌフシャトーです。

 時に起きだして書きました。林君、書いてることで間違っていたら教えてください。

 昨日、今回の訪仏前半の山場のグランGrandに行ってきました。パリの東駅に隣接した宿泊ホテルは昨晩は全員白人従業員でしたが今朝は全員黒人でした。このあたりが現在のパリの状況なんでしょう。
 そこから8:10発のTGV(新幹線)に1時間40分、一面雪景色とスノウ・ホワイトが続くうち、Nancy着(雪のため30分程度延着でしたが、もともと待ち合わせ時間が40分あったので乗り継ぎはセーフ)。そこからToulまで地方線に乗り換えて、進行方向右側にゆったりとした水量の川をみつつ、15分(なぜか雪が消えてました)、本当はそのまま列車でNeufchateauまで行けるはずだけど途中が工事中とかで、そこで乗り換え時間5分のバスに飛び乗って、延々と平原状の地形での農地景観の中を直線で走る、よって旧ローマ軍道を彷彿させる道を40分、ようやく正午前にヌフシャトー駅前に到着できました。こういう複雑な経路だったので、林君抜きにはとうてい行き着くことはできなかったでしょう。感謝。

 ここのホテルに荷物を置き、フロントでお願いして、でも大分待たされたタクシーで、1時半にGrand目指して出発。タクシー代は往復70+10ユーロ。往復とも林君相手に絶え間なくしゃべり続ける同じ中年女性が運転手でした。ヌフシャトーの町外れには近世と思える城塞跡が残っているようで、水量の多い川を渡り、徐々に高度を上げていく感じでした。そこの自動車道も直線が主体でした。

 グランには20分も走ったでしょうか。まず小学生用と思われる漫画チックな掲示板のある広場で、町のパン屋で買ったパニーニをかじって、ちょうど2時間見学しました。ここの目玉遺跡の円形闘技場とモザイクの家は冬季休業中で、これは事前にわかっていたことなので、しょうがありません(もし開いていたらもう1時間は必要でしょう)。若干ぱらぱら小雨の降る曇り空の中、住民400名の小さな村落で、出会う人も皆無の村の中の道を、表示板にしたがって、厳重に金網で囲まれた円形闘技場(片方が未復元)、1035年に記録が初出の皇帝ユリアヌス下での女性殉教者、Libaireの殉教者記念堂(村の共同墓地付き)を覗き、列柱廊や浴場があった広場、閉館中で旧バシリカの床を飾っていたモザイクを収めた家は素通りして、当時この地域を丸く囲っていた城壁の土台跡、神殿跡に立っているという教会とその下の洗濯場、などを見学して歩きました。この間すれ違った住民は数名のみ。
 帰り道でのこと、モザイクの家の裏側で保育園の子供たちが園庭に遊びに出てきて賑やかな歓声が聞こえ、保母さん一人に10名余り、全員白人の可愛い顔で向かえてくれたので和みました。そのちょっと向こうにあるこぢんまりとした小学校には、場違いな感じで統廃合反対の横断幕が貼られていたのでなおさらでした。

 ここに、コンスタンティヌスが310年頃立ち寄り、ケルト起源のガリアの太陽神Grannusの聖域で、アポロン神の出現を体験し、30年間の統治を予言された、という異教側史料があって、それがキリスト教側にとっては、太陽神と重なり得るキリストやキーローの出現と、後年解釈されえたわけです。私見では、その後の展開を考えると事実は異教側にあって、それを強引に改ざんしたのがキリスト教プロパガンダだったと判断すべきで、私としては真偽を確かめるヒントを得るべくグランを訪問しなければならなくなったわけです。

 私にとっては、現在は寒村にすぎないグランが、かつては、ガリア古来の清冽な聖泉が存在し、霊験あらたかな治癒祈願の聖地で、当時巡礼が引きも切らず訪れてきていて賑わっていた保養地でもあったこと(帝国内有数の規模を誇る円形闘技場がその証です。おそらく東部のアスクレピオス神の医療施設エピダウロスなどに比すべき地だったのでしょう、規模はあれほどはありませんが)、212年ごろに時の皇帝カラカッラが訪れた記録もあるようで、それらが確認できたことで十分でした。
 あいにく季節はずれの訪問で、旧バシリカの広大な床モザイクが保存されている施設に置いてあるはずのパンフレットなども、入手できませんでしたが、ともかく、その夜のホテルのレストランでは林君と祝杯をあげたことでした。ちなみに二人で63.76で切りよく70(食前酒+生ビール)。イタリアのあっさりした味に慣れている私には若干重い夕食でした。
 到着時に林君がめざとく観察してましたが、この町ではフランス人以外は見ることありませんでした。我ら二人がまぎれもなく異邦人だったわけです。とはいえ別段奇異のまなざしに会うこともなく、それどころか、タクシー運転手のおばさんの甥は、木工の技術を習得して、日本人女性と結婚して東京に住んでいるのだそうで、最後の挨拶は日本語で「さよなら」でした。

 今日は、メッスに向かいます。そこの博物館にはグランの治癒神と深い関係のあるらしい円柱上に飾られた石灰岩製のAnguipedeの騎馬像が展示されていて、それを拝見するためです。同様のものは反対側に位置するEpinalの博物館にもあるようですが、そこに寄る時間は今回残念ながらありません。

 なお、ホテルに帰ってからの林君のウェブ調査では、ドイツのバイエルンのLauingen近くのFaimingenにはローマ時代のApollo-Grannus神殿があったようです。ここに212年にカラカッラがやってきて病気治癒のため神殿を建てたとのこと。ストラスブールを挟んで東西にガロ・ローマン時代の著名な治癒神神殿があったわけです(ないしは、Grannusという同一地名で両者は混同されていて、本当は片方だけだったのかも)。

 コンスタンティヌスにはなぜ、それを崇拝する意味があったのか。私見ではそれを、彼は当時トリーアを拠点にしていて、彼の麾下の最も信頼していたゲルマン・ガリア出身の兵士たちの支持を獲得する必要があったから、と想定しているわけですが、それ以上のことは、将来後続の研究者が実証してくれることを念じております。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

2/8
各位:豊田@Nimeです。

 アルジェリアから帰って、ずっと頭の中はアウグスティヌスだったのですが、2/5から丸一週間の予定でフランスに来ています。前半は北東の若干僻地にコンスタンティヌスの秘められた足跡を訪ねてましたが、朝の気温氷点下のMetzから半日かけてずっと同じTGVに乗り続け(一部300キロの速度ですが、在来線も走るのでそう速くなくて)、昨晩ニームにつきました。列車から降りて駅の階段を下るとき不覚にも足がもつれあぶなかったです。

 今日一日と明日午前中までここに滞在してパリに帰りますが、ニームでは単純に、昔撮っていたはずのどこかに行ってしまった円形闘技場の立ちション用トイレの写真再撮影するのが主務です。これだけなので大幅に時間余るのですが、ニームの博物館は改装のため閉館中の由で、今日は新たに博物館ができているというポン・デュ・ガールにバスで行く予定です。南仏では昔回った他のローマ遺跡も再訪したかったのですが(実は立派なトイレ遺構が多い)、その余裕がないのが残念です。

 そろそろ頭の中を帰国便がよぎりだしてますが、パリは雪だとかでちゃんと飛行機が飛んでくれるかどうか心配です。昨日フランスを北から南に縦断したのですが、ところどころに薄っすら残雪あっても、ずっと霧の風景でした。南仏のニームも夕食に出た夜の温度は3度と、体感的には北と変わりません。夕食は本格中華にありつけました。同行の林君は麻婆豆腐が食べれたと感激してました。私は「ポタージュ」と頭についていたので疑問でしたが、酸辛スープを頼んでみましたが、イタリアの「アグロ・ピッカンテ」と同じで、増量したその辛さに疲れが癒やされました。4皿と青島ビールを含め二人で50ユーロ。やっぱ中華は貧乏人の味方です。今回のホテルには台所もついているので、今日の夕食は分厚いステーキ焼こうと話してます。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
2/10
豊田@ニームです。

 昨日は、午前中に円形闘技場、昼にPons du Gard、夜はフランス料理でした。

 実は、今回訪仏の最後のミッションには失敗し、元気が出ません。

 舐めるように入れるところは見て回ったのですが、お目当てのものがみつかりません。座席下に位置するアーチ通路の曲線の内側に沿って立ちション用とおぼしき、だけど大理石製の平たい浅い彫りの石材がずらーとはめ込まれたのを、30年前には見た記憶あったのですが、・・・お母さん、あれはどこに行ったのでしょうか・・・。研究書にも写真があるというのに。林説では、立ち入り禁止の工事用具置き場にあるのでは、というのですが。

 負け惜しみですが、でも転んでもただでは起きない! 階段の上下で足をガクガクにしながら歩き回るうち、地階からの登り階段の踊り場部分に妙な遺物を今回見つけました。なぜかどこの通路にでもというわけではないのですが、添付写真のようなものが両方の壁沿いの床に浅く彫られてまして。ご丁寧に下方に小さな穴が開いているのと開いていないのがあって、統一感がなく、用途的によくわからない遺物なんです。
 ご存じの方、教えてください。私は、当然立ちション用便器と考えてますが。

 長くなるので昼は飛ばして、夜です。台所あっても油も調味料ないので、林君が探した地元のレストランに行きました。定食23.5ユーロのコース、二人で2016年産地元赤ワイン1本込みで70弱ユーロで、満腹しました。ワインも渋みが強く肉料理に合ってました。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

2/10
各位:豊田@パリです。

 本日、ニームでは十分すぎる時間を町歩きで消化し(17500歩、昨日は25000歩の由:晴れていて7度くらい、ひなたは暖かったが、風はきつかった)、午後にtgvに乗り、先ほどパリに着きました。車窓からの風景は、最初の1時間は晴れ、次の1時間はだんだん雲が多くなってきて、ところどころに残雪、そしてパリが近づくと、日没したせいでもないでしょうが、一面の残雪となりました。
 今日のホテルは、パリ・リヨン駅から歩いて5分くらい。

 そこでご報告があります。今回の宿泊ホテルすべてで、パスポートの提示を要求されませんでした。これはどうしたことなんでしょうか。あののんきなイタリアでも必ず提示するのに。

 2日続けてのフランス料理は重たいので、これから名代の中華料理屋にメトロに乗って行こうと思います。
 明日、帰国の途につきますが、天気予報だと「晴れ」らしいので、飛行機がちゃんと飛んでくれることを祈ってます。
 林君には本当にお世話になりました。

       ご感想やご意見はこちらまで:k-toyota@ca2.so-net.ne.jp

Filed under: ブログ

赤いシリウスの謎

 一週間ほど前、面白いテレビ番組があった。
 以下、うろ覚えですが。

 プトレマイオスの「アルマゲスト」や、キケロやセネカの記録によると、彼らの時代、すなわち古代ローマ時代においては、シリウスは赤色だったという。現在は青白いから、2000年間の間に色が顕著に変わったことになる。
 天体や星座の世界で、たった2000年での変化というのは考えがたい現象で、これまでの学説だと数万年はかかるとされてきた。
 となるとありえないのだが、多くの学者が入り乱れて色々な仮説を提出した挙げ句、どうやら最近の学説だとこういうことらしい。
 恒星は普通青く光っているが、寿命が来ると赤色巨星になり、消滅すると青白く白色矮星となるが、そのとき、特殊な条件下でファイナル・ヘリウム・フラッシュ現象が起こって、わずか数ヶ月で急激に膨張して赤色に変わり、最終的に燃え尽きることがある、のだそうだ。

 天体を観測していて、その現象を偶然見つけたのが、なんと日本人の桜井幸夫というアマチア天文家で20年前のことだった。1996年2月、見なれない星が射手座の一角に突然出現したのだ。それは「桜井天体」と名づけられた。
 こうして、現在青白く光るシリウスBが昔は赤色だった、という謎が解明されたわけである。

 ウェブでは、まだ旧聞の内容しか載っていない。
http://mirahouse.jp/drop/seishu/red_sirius.html

 だけど、現在NHKオンデマンドで公開中のようだ。但し単品だとアップの期限は2/22。もう時間がないが、見放題だといつでも見ることできるらしい。古代ローマ史をやっているのなら、是非見ておいたほうがいいだろう。
http://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2018084847SC000/?capid=nte001

       ご感想やご意見はこちらまで:k-toyota@ca2.so-net.ne.jp

Filed under: ブログ

私はドラキュラ?

今日、起床は朝11時だった。寝たのが5時くらいだからしょうがないが。昨日も午前中はだめだった。昼過ぎからごそごそし始める最近の私。

健全な人間は、太陽を浴びて体内時計を調節しなければならない。それも紫外線であって、ガラス越しの室内ではだめなのだそうだ。

これといった昼間の定例行事が少ない今の私は、どうしても夜型になってしまう。まあその傾向はこれまでもあったのだが、最近は、食事後になると、大げさでなく昏倒しかねない睡魔に襲われるようになり(血流の関係か)、シェスタ風に寝ちゃうものだから、ますますその傾向がつよくなっている。

しかし、これは健全な人間の姿ではない。電気エネルギー的にもかなり無駄をしているし、必然的に体内に無駄なカロリー・エネルギーを蓄積し、太る結果となあ〜る。目の疲労も半端ではない。しかも思ったほど仕事ははかどっているわけではない。困ったものだ。

それにしても、夕方になってやっと外に出ようか、という気になるのはどうしたことか。
これではまるで、ドラキュラじゃないか、ということに昨日やっと気がついた次第。

でもドラキュラは痩せてるな。
トマトジュース飲んでダイエットするか。

Filed under: ブログ

忘れ去られた名著?

 また悪いクセが出た。
 アウグスティヌスに絡んで、ある邦語の文献を読んでいたら、とんでもない本にゆきあたってしまった。それは、戦前に出たイタリア語からの翻訳書で、上智だとキリシタン文庫に所蔵されていて、戦後も改訳版が出ていて、そっちは中世思想研にあった。
 それらを見ていたら、原本がみたく(ほしく)なり、年金生活者のくせに性懲りもなく海外古書に発注してしまったのだ。届いた紙装本は節約して安物にしたせいか、もうぼろぼろで・・・、ウェブ写真で見たものとは似ても似つかぬ姿だったのだが。
 以下は、原稿を書いたEvernoteからの転写である。いずれ写真を添付して紹介したい。

ーーーー
 Giovanni PapiniのSaint’Agostino,1929 が出版されて、五十嵐仁は、すぐさまフィレンツェ在住の著者に翻訳許可を求める書簡をしたため、快諾を得た。翻訳の出版は1930(昭和5)年12月21日で、『パピニ 聖オーガスチン』発行所アルス、がそれである。

 なぜか翻訳者名には寺尾純吉という筆名を使っていた(後からそれらしいことがわかったが、外務官僚だったせいかも)。上智大学図書館の「キリシタン文庫」には、その翻訳者が和名の筆名で(だが、ローマ字でIgarashiのサインも添えられ)ヘルマン・ホィヴェルス先生(神父:1890-1977年)に献呈したものが未だ所蔵されている。ちなみに献呈の日付は1930年12月29日。どういう経緯か不明だが、その献本は長らくキリシタン文庫長だったヨハネス・ラウレス神父(1891-1959年)の手に移った、というよりキリシタン文庫に寄贈されたのだろう。
 装丁は小豆色のしっかりしたハードカバーで、背表紙には金字で著者名、書名、譯者名がイタリア語と日本語で表記され、表紙には黒字でイタリア語のみで、上に書名、下に著者名、その間に心臓に2本の矢が上から交差状に刺さり、下まで貫通し、心臓の上に炎が描かれた図案が配置されていて(今は詳しく触れないが,他に、炎の火花状のものが4箇所描かれている)、かなり凝った作りとなっている。

 その図案のあらましは、たぶんアウグスティヌス『告白』9.2に由来し、直接原著の表紙から構想を得たものだろう。調べてみると、13世紀創設の聖アウグスチーノ修道会の会章は心臓を貫いている矢こそ1本であるが、やはり心臓の上には炎が見えている。私のところに北イタリアのAlessandriaの古書店から来た原本古書の表紙は、白地で文字は黒、心臓関係の図案が赤、という違いはあるが、シンボル関係は翻訳本と同じである。

 翻訳書を開くと、口絵に白黒で、なんと私も好きなアリ・シェフェール筆「聖オーガスチンと聖モニカ」(1854年)の白黒写真(原著にはない)、そのあとに「譯者序」が付されていて、翻訳の機縁などが述べられている。そこに1930年がかの聖人の没後1500年に当たることも明記されているので、原著や翻訳の契機は自ずと明らかであろう。ちなみに著者パピーニは1881年1月9日フィレンツェ生まれだから、当時49歳と気鋭の時期だった【逝去は1956年7月8日、65歳:ウェブ検索すると、若いときの個性的な頭髪の野心満々な姿と一緒に、どういうものか、言語障害をもたらした大病を患って衰えた姿の彼が、自宅の書斎で孫娘に口述筆記させている1955年9月19日付けの写真や、もう一人別の孫娘で役者の写真なんかも出てきた。巻末に付された同出版社の既刊本の列挙の先頭に、パピニ著大木篤夫譯『基督の生涯』も掲載されていて、著者はこの時期日本でもすでに定評ある書き手だったようだ。実は,その翻訳も後日入手してしまった。ところで上記シェフェールの絵は、ヌミディア人的風貌のアウグスティヌスを表現していて私には好ましいのだが、実は吉満義彦(1904-1945年)の『告白碌における聖アウグスチヌスの囘心への道』(Congregatio Mariana 2)上智学院出版部、1945年、の口絵にも使われていて、さすがと思わされる】。

 本書は、戦後の昭和24(1949)年3月に、中央出版社から、ジョヴァンニ・パピーニ(五十嵐仁訳)『聖アウグスチヌス』として訂正再版された。これは中世思想研究所にある。敗戦後という時代を反映して、薄っぺらな紙装本だが、表紙の図案は今回むしろイタリア語原著と同様となっている。ただ、すでに酸性紙特有の劣化が進んでいて、むしろ戦前もののほうが読みやすいくらいだ。この版には口絵も前書きもないが、その代わりに巻末に「譯者の言葉」が添えられていて、そこに版権取得時に著者から送られてきた快諾の書簡が紹介されていたり、翻訳者はその後1938年から「一官吏として」ローマに行き、終戦の暮れに浦賀に帰国したこと、原著者の生まれ育ったフィレンツェにもよく行ったし、ローマで最後に住んでいたジョヴァンニ・セヴェラーノ通りVia Giovanni Severano(ここはローマ・テルミニの北北東、というよりティブルティーナ駅の西側のといったほうが早いだろうか、Bologna広場の北西に延びている通りである)ではすぐ近所に著者のお嬢さんの婚家があって、「眼の不自由な作家が、ちょいちょいやってくることを、門番の口から聞きもした」が、訪れることもなく終わった、などと書かれていて、亡くなるだいぶ前から作家として著者が不自由な体だったこと、たぶんそれもあって訪問を遠慮していたことも窺える文章に出会え、私にとって興趣大いなるものがある。

 そして、問題の箇所は、原著でp.45-47、戦後の翻訳でp.42-44で、読者は見逃しがたい叙述に出くわすことになる。さすがイタリア人!と絶句せざるをえない、はずなのだが・・・。

 アウグスティヌスは、マダウロスから学業半ばで故郷に帰ってきて、無聊を囲う1年を過ごした時に堕落した生活に陥るが・・・

p.43-4「ここにかれは偽らない、しかも明瞭な言葉をもって、友情の堕落、肉慾にまで堕落した友情、肉慾と合體した友情に就いて暗示しているのである。・・・「肉慾によって穢された友情」とは、男の友だちを暗示している。」

 な、なんと、アウグスティヌスが女色だけでなく、男色もやってた、とパピーニが明言しているわけで、・・・もう脱帽するしかない。
 かくして、私の「珍説その3」も、90年近くも昔にすでに喝破されていて、新説とはいえないことに。まあ男色は、ローマ史からすると別段驚くべきことではないのだが。養子皇帝で帝権をつなげたいわゆる「五賢帝」の最初の四人は、まさしく女性に興味なかったからから子もなしえず、その故の養子縁組だったことを想起すれば十分だろう。
 しかるに、我が国の自称アウグスティヌス研究者でこれを指摘している人を私は知らない(西洋では、ある女性研究者がそれを指摘している、とどこかで読んだ記憶があるが、それにしてもそれはここ2、30年前のことだったとボンヤリ記憶している)。しかも、パピーニのこの書物を利用して、アウグスティヌスとアンブロシウスの冷たい関係を指摘している、として引用している研究者はいるのだが、男色のほうにはまったく触れないのである。これを偏向といわずしてなんと言うべきか。それにしても、これでは最近の研究者は相も変わらず縮小再生産に嬉々として従事している、と言われてもしょうがないだろう。

 実は、私主宰の読書会で,昨年出版された以下の岩波新書を読んだ社会人女性が、読後感として「男色以外とりようがないじゃないですか」と、それを指摘していた。
    出村和彦『アウグスティヌス 「心」の哲学者』
 おせっかいな私は、筆者にこの点をどう考えるかメールで問い合わせたのだが、返事は「書き手が意図してない読み方をされてビックリです」だった(氏の筆力が意図せずしてそこまで接近しえていたことは、評価すべきであろう)。
 しかしながら、これこそ素人がプロを凌駕する健全な読解力を示した典型例というべきではなかろうか。繰り返す、これでは、専門家とは実はお仲間の中での共通言語で遊んでいる輩にすぎない、といわれても弁解の余地はないだろう。赤面して、研究者の看板を下ろしていさぎよく退場すべきであろう(誤解なきように:これは出村和彦氏に向けての言葉ではない)。

付記:ここでアウグスティヌス関係の「私の珍説」とは以下の事例である。(〇付きが現在オリジナルのつもり、△は先行研究不十分)

彼の『告白』叙述の秘密
彼の出生の秘密:ヌミディア性 △
彼の家族の秘密:母はめかけ? 〇【現在は撤回】
彼の男色疑惑 〇 → △
彼の異性関係の秘密 △
彼の立身出世の秘密:マニ教ネットワーク △
彼の回心の秘密:△
彼の司祭・司教就任の秘密 〇
彼の設立修道院の秘密 〇
彼の使用言語の秘密 △
彼の神学の秘密:南山大学の山田氏にお委せ 〇
彼の死後の図書移動の秘密 △
彼の遺骸移動の秘密 △
彼の神学が西部帝国に伝播した本当の理由 △

戦前のアルス版
表紙裏の署名関係
戦後の中央出版社版
入手した原本
聖アウグスチノ修道会Ordo Sancti Augustiniの会章

【追記】2019/7末に上智大学文学部史学科編で『歴史家の○○』の4冊目が上梓された、らしい。まだ現物はみていないが、そこに私は「人間アウグスティヌスを『告白』から探る」を書いたので、興味ある方はご覧下さい。私的にはその1のつもりだが、その2を書く余裕あるのかどうか、先のことはわからない。

      ご感想やご意見はこちらまで:k-toyota@ca2.so-net.ne.jp

Filed under: ブログ