後79年の火砕流の持続時間は15分

https://archaeologynewsnetwork.blogspot.com/2021/03/pompeii-duration-of-pyroclastic.html

 西暦79年のベスビオ火山の噴火中にポンペイを襲った火砕流の持続時間は約15分続いた。住民が吸い込んだ火山灰は致命的であり、窒息を引き起こした。

 バーリ大学地球地球環境科学部がIstituto Nazionaleと共同で実施した「火砕流の持続時間が人間に与える影響:ベスビオ山のAD79噴火の事例」という研究がこれを明らかにした。
 実際、火砕流は、いわゆる爆発的噴火の最も破壊的な現象である。雪崩に匹敵する、それらは噴煙柱の崩壊によって生成される。結果として生じる高密度の火砕流は、時速数百キロメートルの速度で、高温で、高い粒子濃度で火山の斜面に沿って流れる。

Source: National Institute of Geophysics and Volcanology [March 22, 2021]

Filed under: ブログ

コメント 0 件


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website

CAPTCHA