ペルペトゥア・メモ:(2)参考図版

(1)古代ローマの拘置所・監獄のイメージ

都市広場forum地下通路の参考写真(Pompei, il criptoportico di Villa Diomede):
拘置所代用の場合、明かり採りの窓(兼、地上との荷物の搬出入口)を塞ぐと暗闇となる
Napoli市内のローマ時代の地下構造
野獣刑直前に収監されたはずの円形闘技場地下牢跡?

(2)羊(山羊かも)飼いの乳搾り

(3)古代の拳闘士(ボクサー)と拳闘士競技(ボクシング)

クイリナリスの拳闘士,ローマ国立博物館
2018年に、拳闘士が手にはめたグローブがイギリスのウィンドランダで出土が公表された:
https://www.history.com/news/only-known-boxing-gloves-from-roman-empire-discovered
Rheinisches Landesmuseum、トリーア、ドイツ
Villelaure出土、フランス、ca. 175 AD、Getty博物館所蔵:右の人物は頭から出血。しかしなかなかりりしいたたずまいだ
3世紀Thuburbo Majus出土、バルドー博物館所蔵、チュニジア:左の人物は頭から出血。こっちはいささかコミカルな印象

(4)野獣刑 ad Bestias

Sollertiana Domus出土、El Djem博物館所蔵、チュニジア:死刑囚の背中を支えているのは闘獣士か。死刑囚は容貌から南方のガラマンテス人と想定されている。となると、202年後半以降の作?
Villa di Dar Buc Amméra、Zliten出土、ジャマヒリーヤ博物館所蔵、リビア:猛獣相手なので、こんな運搬具も考案されていたらしい
Villa Silin出土、In situ、リビア:ペルペトゥアとフェリキタスの闘牛の見どころは、牛の角に引っかけられて死刑囚が宙を舞う場面だったのだろう。だから衣服や網が必要だった。かけ声をかけて狂喜する観客の声が聞こえてくるようだ。
Filed under: ブログ

コメント 0 件


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website