遅報(10):ケルンで2000年前のドイツ最古の図書館出土

 ケルンの中心街でプロテスタント教会の集会所建設予定地から、2017年に壁の遺跡が出てきたが、それがドイツ最古の図書館らしいことが判明した。内壁に80×50㎝のニッチが並んでいて、最初はそこに彫像が飾られていたと想定されていたが、同様な構造がエフェソスの「ケルソスの図書館」にも見られたことから、そう同定された。そこに2万の巻物が所蔵されていた由。ちなみにこの時期の書物は冊子本ではなく巻物だった。

https://www.history.com/news/ancient-roman-library-germany

https://www.ancient-origins.net/news-history-archaeology/roman-library-0010485

発掘現場
ニッチの状況
エフェソスのケルソス図書館復元図
古代図書館想像図
Filed under: ブログ

コメント 0 件


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website