遅報(8):中世ロンドンの3人用トイレ便座「再」発見

 私のHPのほうで、かつてヴィンドランダ出土の古代ローマの木製便座について言及したことありましたが、なんと、12世紀ロンドンで使用されていた便座についてのウェブ記事をみつけたので、興味ある人はごらんください。アップは2019年2月付けですが、実はこの便座、1980年代にテムズ川につながり現在は暗渠でかくされている地下河川フリート川のそばで発掘されていたけど、研究の資金難でなんと30年以上も調査されず、放り投げられていたようです。

 しかも、この便座を利用していたと想定される家族名も、1100年半ばに帽子屋だったJohn de Flete(と彼の妻 Cassandra) が所有したアパートの裏にあたることから、彼らに特定された由です。いかにもイギリスらしい研究成果です。

https://www.museumoflondon.org.uk/discover/triple-medieval-toilet-seat-secret-rivers-docklands

 なんでも今年5月から10月までロンドンのドックランズ博物館Museum of London Doclandsで公開されるそうなので、行かれる人はついでに見学するのも一興かと。

http://karapaia.com/archives/52271748.html

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

【続報】2017年には、1000年前のヴァイキング時代のデンマーク最古のトイレが発掘された、とMuseum Southeast DenmarkのAnna Beck博士が公表した。トイレと言っても、写真を見る限り掘られた穴の遺構で、ローマ式のような立派なものではないようだ。しかし他の諸証言によるとこの地方の農村部にトイレが出現するのは1800年代のことらしいので、その真偽をめぐってはまだ論争中のようだ。http://mentalfloss.com/article/502111/archaeologists-may-have-unearthed-oldest-toilet-denmark

Filed under: ブログ

コメント 0 件


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website