遅報(4):ポンペイの石膏像修復で分かった新事実

 遅ればせながらのご報告です。  
 2019/4/6放映のNHK 地球ドラマチック「ポンペイ 石こう像の新事実」44分を、現在オンデマンドで見ることできます。東京では15日00:00からEテレで再放送されるようです。これは2018年イタリア製作のもののようです。  
 これは石こう像の修復にともなって、DNA分析を含む、先端光学機器で分析する様子が紹介されていて、我々の研究にも大いに参考になりそうです。  
 私的にもっとも衝撃的だったのは、最後に、DNA分析から、黄金の腕輪の家(VII.16.22:Casa di M.Fabio Rufo e Bracciale d'Oro)出土の「家族の像」の4人の間に遺伝的関係がないこと、しかも母親と思われていた像は男性だったことが判明したことでした。また、「乙女たちの像」(I.6.2:Casa del Criptoportico)の一人は男性で、もう一人は特定できなかった、という事実が証明されたことでしょう。彼ら二人が男性だったら同性愛者たちの可能性も発掘者たちは指摘しているようです。さすがイタリア人の着想です。
 ともかく、ロマンティックなストーリー性が失われて、若干がっかりもしますが、見た目で判断されてきた従来の研究の問題点があますことなく明確に指摘されたわけです。

http://tocana.jp/2017/04/post_12966_entry.html
これまで家族と思われていた4体の石膏像:VII.16.22
これまで二人の乙女と思われていた石膏像:I.6.2

       ご感想やご意見はこちらまで:k-toyota@ca2.so-net.ne.jp

Filed under: ブログ

コメント 0 件


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website