原爆死の兄をみつける:閲覧注意

 今日は長崎原爆忌。その2年後に広島で生まれた私の75歳の誕生日でもある。

 朝は映画「原爆の子」(1952年:96分)を再見した。そこで原爆ドームの落書きが出ているという情報あって、それを撮りたかったからだ。全部見直したのだが、唯一冒頭の字幕の背景がそれだったようだ。

 映画を見直していて気になったのは、最初、主演の乙羽信子は東京弁で、おやおやここでもかとがっかりしたのだが(監督の新藤兼人は市内から山一つ越えた石内出身の地元民だったので)、あとからちょこちょこ広島弁も使うようになったのはなぜ。

 日本映画専門チャンネルでは、今年、この映画の再放送を5回予定している。8/14(15:10-)、8/15(11:15-)、8/27(06:50-)、 9/1(07:00-)、9/13(07:00-):未見だったら是非ご覧下さい。ともかく被爆後7年目の広島が視認できる。

 そのあと、メールをチェックしていたら、色々収穫があったのでかなり時間を取ることになったのだが、その最後が朝日新聞の特集「核といのちを考える」第5回「そっと骨つぼに納めた写真:タブーだった兄と70年後の「再会」」(2022/8/9:https://digital.asahi.com/articles/ASQ813CLRQ7WPTIL014.html)だった。全文は有料。

 長崎のあの有名な黒焦げ少年の死体の身元が、2015年にこれまでにない大写しの写真をみた親族の妹たちによって兄ではと届出あり、翌年、専門家の復元調査によって可能性ありと鑑定された、というお話。私はこれまでそんなこと知らなかった。

谷崎昭治君 13歳で原爆死

【関連資料】こっちは広島。

 2022/7/29「兄に背負われた3歳の少年、77年越しの告白:「この写真は私です」」(https://digital.asahi.com/articles/ASQ7W6GBYQ7TPITB00Y.html):全文は有料・関連写真多数。これまで沈黙していた人がようやく口を開く。

広島市大手町で被爆:兄定男(11歳)さんに背負われた3歳の竹本秀雄さん

 RCC(中国放送)テレビ: 2022/8/6放映「それでも核兵器要りますか」(https://rcc.jp/peace/tv/index.php):

その冒頭と最後(44分40秒 から3分間)【見逃し配信期間:2022年8月6日 ~ 2023年8月31日】

Filed under: ブログ

コメント 0 件


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website

CAPTCHA