キリスト教とカネの問題

 叙述内容に若干問題があるが(「免罪符」というのは神学的に間違った表現:カトリックでは犯した罪による罰を赦すという意味で、「贖宥状」という:ただ庶民が理解したところでは同じことだったろうが)、先般触れた太平洋戦争と同様な「教会ビジネス」を指摘している記事がおもしろい。少なくともキリスト教の「正史」でそれは触れられていない。

 2022/8/3 大村大次郎「「天国に行きたくば金払え」統一教会と変わらぬキリスト教の過去」(https://www.mag2.com/p/news/547449/1)

 この記事の興味深いところは、キリスト教の布教活動の内実を10分の1税の徴収権を軸にみているところだ。

【追記】現代の普通のプロテスタント信者佐藤優氏が、献金について言及しているのをみつけた。

 「信教の自由と献金」(https://mainichi.jp/premier/politics/articles/20220801/pol/00m/010/003000c)

 宗教法人の内実についてふれているのが、2022/8/30 神樹兵輔「統一教会問題で注目。神様仏様が聞いて呆れる「宗教とカネ」驚きの実態」(https://www.mag2.com/p/news/549934?utm_medium=email&utm_source=mag_W000000001_tue&utm_campaign=mag_9999_0830&trflg=1)

 そこで金集めが新宗教の方がうまい、という叙述があるが、それだけではない。既成の大教団は大なり小なり伝統的に確保している信者からの宗教行事での経費や維持費によって労せずに集金されるシステムが構築されていて、それがすべてとはいわないが、それで多くの場合なりたつことができる。新宗教の場合は、新規に信者獲得せざるをえないのだが、そのため布教を強力に推進しなければならないが、その時の武器が人間誰しももっている精神的不安や不満から救われたいという弱みを突く言説、現代風にいうなら、心理学的療法を応用駆使して、人間の弱みにつけ込むわけである。

 私が上智大学に赴任してちょっと驚いたのは、学内に「心理学に素人の教員は悩んでいる学生の指導をしないで、専門家がいる学生相談室に行くように指導して下さい」という文書が配布されたことだった。これは直截にいえば、イエズス会神父の教員が学生にみだりに助言しないでください、ということで、これはそれまで当然のように宗教活動の一環で神父が信者や求道者の悩みにアドバイスしてきていたわけであるが、メンタル的に病んでいる学生にひたすら「頑張りなさい」などと励ましたり説教したりして、一層症状を悪化させる事例があったかららしい。もちろん神父さんやシスターで心理学やカウンセリングを修めた人もいたのだが、今から30年前ではそう多くなかったわけである。

 要するに、神学を学んだ宗教者では悩みを抱えた人間精神を立ち直させる効果的カウンセルができない、現代の臨床心理学からみて間違った対処をしている場合すらある、というわけで、私はこれじゃあ神父さん神学で人間を救えないじゃないですか、なんのための宗教者なんでしょうか、と心密かに思ったことだ。

 とまあこんなことやってるようでは、新宗教では遣い物にならないわけである。神学の学位はなくとも、新宗教のほうが人間の根源的な悩みに対して効果的な対処療法を実践している、という現実があるのである。そしてとにかく救済されたという体験をした者は、よろこんで感謝の念を示すわけである。

Filed under: ブログ

コメント 0 件


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website

CAPTCHA