世界キリスト教情報第1649信:2022/8/29:中国の対キリスト教政策

≪ 目 次 ≫
▽キリスト教の「中国化」要求=共産党序列4位の汪洋政治局常務委員=党大会控え宗教界の引き締めか
▽教皇が韓国メディアKBSに訪朝意思示す=「招かれれば断らない」
▽教皇、伊中部ラクィラを訪問、地震被害からの復興励まし
▽教皇、9月カザフでロシア正教会総主教と面会せず
▽バチカン福音宣教省元長官ジョセフ・トムコ枢機卿逝去

  今回は最初のを。

◎キリスト教の「中国化」要求=共産党序列4位の汪洋政治局常務委員=党大会控え宗教界の引き締めか
【CJC】共同通信によると、中国国営新華社通信は、中国共産党序列4位の汪洋政治局常務委員が8月23日、北京で政府公認のキリスト教団体幹部に対し、社会主義を擁護して「中国化」の取り組みをさらに進めるよう求めた、と報じた。秋ごろに開く5年に1度の共産党大会を前に、宗教界の引き締めを図った。

 汪氏が会ったのはカトリック系団体の幹部。共産党の指導に従い、外国勢力の影響を排除して 国家の主権と安全を守るべきだと強調した。

 中国では非公認の地下教会などは取り締まりの対象となっている。イスラム教に対しても「中国化」を求めている。□
Filed under: ブログ

コメント 0 件


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website

CAPTCHA