世界キリスト教情報第1647信:2022/8/15:教皇、ロシア正教会大主教と会見

≪ 目 次 ≫
▽教皇フランシスコ、ロシア正教会のアントニイ大主教と会見
▽「ロシアは負け始めた」=攻勢頓挫、と英国防相指摘
▽エジプト、ギザのコプト教会で火災、41人死亡、12人負傷
▽クリミアのロシア空軍基地で爆発、米国が地対地ミサイルをウクライナに供与も

  ここでは最初の情報を。

◎教皇フランシスコ、ロシア正教会のアントニイ大主教と会見
【CJC】バチカン・ニュースによると、ヒラリオン大主教の後任としてモスクワ総主教庁渉外局長を務めているヴォロコラムスク大主教アントニイが、6月の就任後、初めてバチカンを訪問した。

 モスクワ総主教庁渉外局長と教皇フランシスコの会談は、教皇とモスクワ総主教庁のエキュメニカルな接触の一環で、3月16日に行われた教皇とキリル総主教のテレビ会議に続くもの。会見の内容は明らかにされていない。

 前任のヒラリオン大主教は、3月のオンライン対話の際、キリル総主教の隣に座っており、教皇はモスクワと全ロシアの総主教に対して、ウクライナでの戦争に関して、キリスト教徒とその司祭たちの義務は「平和を助け、苦しむ人々を助け、火を止める」ことであり、「戦争の代償を払うのは国民である」という確信を表明していた。

 ロイター通信報道によると、教皇は9月13日から15日にかけてカザフの首都ヌルスルタンで開催される宗教指導者の会議に出席する予定で、そこでキリル総主教と会談することを望むと述べている。

 教皇とキリル総主教は2016年2月にキューバで会談しているが、それは1054年の「大分裂」以来のことだった。

 教皇は7月30日にカナダから帰国後、ロイター通信に、キーウを訪問したいが、その前にモスクワに行き、平和を推進したいとも語っている。□
Filed under: ブログ

コメント 0 件


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website

CAPTCHA