我が祖国も「千年の奴隷」の民か

 今回のウクライナの件でもそうだが、専門家ほど先行きを読み誤った感じがする(マスコミのロシア叩きの大合唱は論外として)。そうなった理由は、おそらくまだ表ざたになっていない事前の伏流水の存在があり、それはいずれ指摘されるはずだ。とはいえ、これからの趨勢はじりじりと専門家の分析判断の線に後退していくはず、と私は考えている。彼らは後追いは得意なのだ。

「ロシア文学者を「絶望」させたプーチン氏の「最後の夢」」(https://mainichi.jp/articles/20220311/k00/00m/030/358000c

「「強権の中での自由」:プーチン氏を生んだロシアの土壌」(https://mainichi.jp/articles/20220312/k00/00m/030/162000c

 ロシア文学者の亀山郁夫氏の所説にしたがうと、おそらくニュアンスの違いはあっても、ロシア人と中国人、それにあろうことか日本人のメンタリティーも「強権の中での自由」を求め、「千年の奴隷」に囚われた民といえるように、私には思える。否、地球上を俯瞰してみれば、欧米的な「集団から出て個人になった時の自由」をスローガン的に標榜する(そう公言しているだけで、実は実現されているわけではないのだが)ほうが少数派ではないかとすら言えそうだ。

 ま、いずれにせよ、ベクトルが行きすぎると反動が起こるのが自然界の常であるには違いない。

 こんなことを考えていたら、偶然こんなコメントも見つけてしまった。「世界人口の71%が「独裁に分類される国に住む」という衝撃」(https://news.yahoo.co.jp/byline/nishiokashoji/20220308-00285498)。掲載地図をちょっと見ただけで、これで民主主義側とされる薄青については大甘の算定であることは明らかでは(群青色のアメリカだって不正選挙が言われている始末なので、なにをか言わんや)。それなりに衝撃的なのでここに無断転載し、諸氏の覚醒を促す。

 そして、以下のような私見に近い発想もようやく出だした。ま、こういった国際把握感覚あたりがまともと思えるのだが。

 島田久仁彦「プーチンを煽りウクライナ侵攻させた“真犯人”は誰か?炙り出された悪魔の構図」(https://www.mag2.com/p/news/531017)

Filed under: ブログ

コメント 0 件


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website

CAPTCHA