新年からの新・輪読会のお知らせ

 以下のメールに連絡いただいたら、詳細をご連絡します。k-toyota@ca2.so-net.ne.jp

① エウトロピウスの再読が一応終わりましたので、しばらく休んでたぶん正月明けから、次回は初期中世に書かれたローマ司教(教皇)伝のLiber Pontificalisを読む予定です。隔週になるでしょう。

 現在のところZoomでのオンラインでやってますので、場所代もかからず無料です。いっしょに読もうと思う方は気楽にご参加ください。

② 本来キリスト教関係の読書会でしたが、こちらは対面でやるので、場所代とかがかかりますが、同様に正月明けに始める予定(それまでにクリスマス会したがっている人もいます)。隔週で、場所は四谷駅近くのイエズス会岐部ホール。

 今回のテキストは、キリスト教登場の背景を知るべく、アルベルト・アンジェラ(関口英子訳)『古代ローマ人の24時間』河出書房新社、2010(原著・2007年:文庫本あり)になるでしょう。本当は文庫本が出版予定されていた『古代ローマ人の帝国』上下(ハードカバー『古代ローマ帝国:1万5000キロの旅』、2013[原著・2010年])だったのですが、どうやら出版中止になったようなので、文庫本ある上記のほうになるでしょう。

③ 月1の、我孫子読書会では現在対面で(よって有料)、堀賀貴編著『古代ローマ人の都市管理』九州大学出版会、2021を輪読中。次回のみ、11/29(月)14:00より2時間、「我孫子近隣センターこもれび」で開催予定です。

Filed under: ブログ

コメント 0 件


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website

CAPTCHA