世界キリスト教情報第1606信:2021/11/1

= 目 次 =

▼米大統領、就任後初の教皇謁見へ=気候変動など話題に
▼米大統領、妊娠中絶論争の中で教皇と異例の長時間謁見
▼米大統領、ローマの教会で聖体拝領受ける 米国内では異論も
▼韓国の文大統領、欧州歴訪中にバイデン氏と会談も
▼教皇、COP26会議の実りを祈る
▼教皇がインド首相の訪印招請受け入れ

 今回は全部バチカンがらみであった。2番目を紹介しておきたい。

◎米大統領、妊娠中絶論争の中で教皇と異例の長時間謁見
 【CJC】バイデン米大統領は10月29日、バチカン(ローマ教皇庁)で教皇フランシスコと私的に謁見した。カトリック教徒のバイデン氏が人工妊娠中絶権を支持していることが米国内で論争になっている中、バチカンによると会談は1時間15分と異例の長時間となったことに、世界のメディアが注目している。
 2017年のトランプ前大統領との会談は約30分間、14年のオバマ元大統領との会談は約50分間だった。
 中南米出身としては初のローマ教皇と米国史上2人目のカトリック教徒の大統領との会談は、中絶問題に教会内で激しい議論がある中で実施された。
 ミサに定期的に出席し、執務室に教皇の写真を飾っている大統領は個人的には人工中絶に反対しているが、公選の指導者として個人的意見を強制はできない立場。
 教皇は9月、米国の聖体拝領の議論に関し、中絶は「殺人」だと記者団に述べていた。しかし、教皇は米国のカトリック司教たちがこの問題を司牧的ではなく、政治的に扱っている、と批判したようだ。□
Filed under: ブログ

コメント 0 件


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website

CAPTCHA