バイデンとカトリックと人工中絶と

 こんな記事が目に入った。「バイデン大統領に「破門状」突きつけた全米カトリック教団」(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/65796)。

 人工中絶や嬰児殺害の禁止は、聖母被昇天や教皇不可謬、司祭独身制、さらには結婚、告解の秘跡など中世や近現代に制定された信仰箇条とは異なって、初代教会からのそれである。それだけにキリスト教、特にローマ・カトリック教会にとっては他の諸宗教と一線を画してきた根本教義といってよいので、深刻な問題である。根本は生命の尊厳にあるが、実際問題としては歴代信者集団が踏みにじってきであろう現実があって、そう簡単ではない。スローガンと現実の狭間で信者たちはずっと苦悩してきたはずなのだ。

 今回、上記記事において出されている数字に私は今回注目した。

 ① 合衆国の全人口の22%(7000万人強)がカトリック教徒

 ② 全米の司教433人中、人工中絶支持の信者に聖体拝領を許さない保守派は73%で、反対派は24%

 ③ 全米1500万の白人信者での世論調査によると、人工中絶合法化賛成派は56%、反対派42%

 ところでカトリックの聖職者が教義を守っているとすれば(おおかたはそうだとしても、実際にそう簡単に言い切れないのがつらい)独身で人工中絶など無関係のはずなので、ま他人事であるが、他方、一般信者にとってはある意味きわめて切実な問題である。その中で信者で賛成と反対が拮抗しているのを、さてどう判断したものか。はたして、ちゃんと守っている集団とそうでない集団が相半ばしているといっていいのだろうか。

Filed under: ブログ

コメント 0 件


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website

CAPTCHA