天邪鬼ですみません:菅の追悼文

 国葬で国民を感激させた追悼文、誰が原稿を書いたのか、ともかく以下が震源地だったようで。

 「菅義偉が国葬弔辞で美談に仕立てた「山縣有朋の歌」は使い回しだった! :当の安倍晋三がJR東海・葛西敬之会長の追悼で使ったネタを」(https://lite-ra.com/2022/10/post-6232.html)

 「菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ」
https://gogotamu2019.blog.fc2.com/blog-entry-39135.html?sp

 「菅前首相が引用した「山県有朋」:文庫解説者「出来すぎた話ですね」」
https://digital.asahi.com/articles/ASQB355LYQB2ULZU004.html?pn=8&unlock=1#continuehere


 時代がSNSやフェイスブック、それを検索するビッグデータの時代になって、検索能力も段違いになってきたのhttps://www.koji007.tokyo/wp-admin/edit.php?post_type=postで、コピペも瞬時に判明する時代となりました(余談ですが、学生のレポートのコピペを判読するソフトもできてます)。それを知らずに作文したり、朗読するととんだ赤っ恥かく時代となりました。 

 今日こそ、拙くともオリジナルの言葉で書くことことがきわめて重要になっていると感じます。

 関連で、国葬問題について、評論家田崎史郎がこんなこと言っていて、興味深かった。

 「田崎史郎氏、岸田首相が国葬を決めた理由は「参院選の最中に凶弾に倒れた」 それ以外は後付けと明かす」(https://news.livedoor.com/article/detail/22929305/)

 あれこれ理屈を付け加えたことが、かえって問題をややこしくしたというわけ。岸田周辺に知恵あるブレーンはいないのか。いやたぶん忠告・進言はしているのだろうが、岸田が頑迷に自説に固執しているのだろう。

 今度の息子を総理秘書官にしたことも、ちょっと、空気読めない人だな感蔓延。「「止める人いなかったのかな」岸田総理が長男を秘書官に 元商社マン・翔太郎氏(31)」(https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000270663.html)

【追記】衆院での追悼演説は、野田元首相が行って、こちらは立場を越えて絶賛された。それについてご本人のインタビュー記事がでた。2022/11/6「野田元首相が語る「追悼演説」」(https://mainichi.jp/premier/politics/articles/20221102/pol/00m/010/003000c?cx_fm=mailpol&cx_ml=article&cx_mdate=20221106

 先に書いたオリジナルな言葉の真価はここにある。

Filed under: ブログ

コメント 0 件


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website

CAPTCHA