「歩兵第11連隊の太平洋戦争」を見た

 2021/12/19のBS1スペシャルで見た。歩兵第11連隊は1875(明治8)年に広島で編成された由緒正しい、しかも精強な連隊であったが、マレー半島での華僑粛清(1942/3 民間人の華僑殺害)と病院船橘丸問題(1945/8/3に病院船に偽装乗船した第一、第二大隊に属する1500人以上の将兵がアメリカ軍の捕虜となる)で、汚点を記すこととなった。実に日中戦争以来5年にわたる転戦の挙げ句のことであった。

 ただ救いは、第三大隊長の市川正少佐のようにニセ報告で済ませた軍人もいたことである。さらに華僑進出を快く思っていなかったマレー人たちもそれなりにいたようで、問題はやはりここでも単純ではない。番組ではこのあたり若干弱い表現だった。

 私は出身が広島であり、叔父の一人がノモンハン事件(1939年)で戦死しているので、興味をもって視聴したのだが、叔父は小松原師団長指揮下の第23師団隷下に急遽編成された練度不足の歩兵第71連隊所属だったので、第11連隊とは一応無関係だった。

 とまれ、戦後、平和都市として宣伝している広島が実は軍都として名を馳せていた事実は明確に認識すべきであろう。併せて、華僑粛清や病院船橘丸問題での命令指揮の責任問題があやふやな中で推移したことは、いつものことながら、なんとも歯がゆいことだ。

 もちろんNHKデマンドで見ることできる。

マレー戦での銀輪部隊

【追記】NHKアーカイブに2009/11/28放映のこんな番組も。「証言記録 兵士たちの戦争:偽装病院船 捕虜となった精鋭部隊:広島県・歩兵第11連隊」(https://www2.nhk.or.jp/archives/shogenarchives/bangumi/movie.cgi?das_id=D0001210034_00000)。そこからより詳しく赤裸々な兵士個々人の証言をたくさん、なぜか無料で見ることできた。今回の放映はこれの手直し・再放送だったことを知った。

Filed under: ブログ

コメント 0 件


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website

CAPTCHA