世界キリスト教情報第1610信:2021/11/29

= 目 次 =

▼タリバンが新「宗教上の指針」発表
▼韓国・天安の教会で208人がコロナ集団感染=中央日報
▼教皇、一般謁見で「救いの歴史における聖ヨセフ」テーマに講話
▼教皇、ドーバー海峡や地中海での移民の遭難に悲しみ
▼ペルーでM7・5の地震、16世紀建造の教会一部崩壊

 今回は、最初のニュースを紹介しよう。

◎タリバンが新「宗教上の指針」発表
【CJC】アフガニスタンのイスラム主義組織タリバン暫定政権は11月21日、新たな「宗教上の指針」を発表した。カブール発AFP=時事通信報道によって紹介する。

 指針は、旧タリバン政権時代に極端なイスラム法解釈を強制し「道徳警察」として知られた勧善懲悪省の名で出された。8月のタリバン政権復活後、メディアに対する命令は初めて。

 同省はテレビ局に対し、女性の俳優が出演するドラマの放送を禁止すると通達した。また、テレビ局の女性ジャーナリストにリポート中に頭部を覆うスカーフ「ヒジャブ」の着用を命令した。さらに預言者ムハンマドなどイスラム教の重要人物が登場する映画や番組に加え、イスラムやアフガンの価値観に反する内容の放送を禁じた。同省報道官は「これらは規則ではなく、宗教上の指針だ」としている。□
Filed under: ブログ

コメント 0 件


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website

CAPTCHA