BSプレミアム・スペシャル「ナチス 科学者たちの罪と罰」再放送 を見た

 これはシリーズ「フランケンシュタインの誘惑:科学史闇の事件簿」の一つで、2021/6/28の再?放送である。放映を見てこれでいいのか、と思わされた。なるほど番組紹介でドイツは「極端な形で現した」と限定句をつけてはいるものの、にもかかわらずいかにもナチス・ドイツが当時最先端だった遺伝学や優生思想、安楽死研究をもっぱらやっていたような印象を視聴者に持たせるはずだ。実際には、アメリカだってイギリスだって、その他のヨーロッパの非カトリック教国だって、我が愛する祖国だって率先躬行してやっていた、という事実を押さえた上でのことでないと、片手落ちというものだろう。

 すべての責任を歯医者、もとえ敗者になすりつけておいて、自らのそれは知らぬ顔の半兵衛を決め込み、偏向思想の拡大再生産に寄与しているように思うのは、私だけであろうか。

Filed under: ブログ

コメント 0 件


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website

CAPTCHA