「デジタルハンター」を見た

 この世に「オープンソース・インベスティゲーション」なる単語があることを、この番組(NHK BS1スペシャル 9/5 22:00-22:55)を見て初めて知った。これは2020年5月の再々放送(?)で、公開情報、特にネット情報での動画から巨悪が隠したがっている事実factを暴く動きである(https://bunshun.jp/articles/-/45943)。

 我が国でも個人情報を暴露して喜んでいる輩が多くいるようなので、そんな阿呆なことやっていないで、どうせやるなら、巨悪に対して果敢に挑戦する人間が出てもいいようなものだが、根が小者の民族性なのであろう、オランダにオフィスを置く調査集団べリングキャットのようなスケールの大きな動きが見えないのが、残念ながら我が愛すべき大和民族の抜きがたい本性なのである。なにしろ命がけの暴露なのだから、メディア関係者であれば率先して頑張るべきなのに。辞任を表明したどっかの首相の背に向けてここぞとばかり罵詈雑言を浴びせてる番記者たちの不様さはなんだ! これまではその音声が消されてたとでもいうのだろうか。

Filed under: ブログ

コメント 0 件


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website

CAPTCHA