世界キリスト教情報第1597信:2021/8/30

英女王がCOP26出席へ、教皇の参加も

ハイチ地震1週間、死者2200人超える 

政情不安も影落とすパラリンピック=アフガニスタン代表2選手出場へ

イスラエル軍に拘束されていたパレスチナ人キリスト者保釈

ジェシー・ジャクソン牧師とジャクリーン夫人がコロナで入院

米ハーバード大学主任チャプレンに無神論者就任

聖アンデレ金生誕200年、教皇「英雄的な信仰の証し人」

2800年前の地震の痕跡をエルサレムで発見

 今回は考古学情報を。

◎2800年前の地震の痕跡をエルサレムで発見

 【CJC】エルサレム発共同通信によると、イスラエルの考古学チームが8月29日までに、エルサレム市内で約2800年前に発生したとみられる地震の痕跡を発見したと発表した。
 エルサレムでこの時代の地震の跡が見つかるのは初めて。旧約聖書でも地震について触れられており、記述を裏付ける発見として注目を集めている。
 チームの考古学者、ジョー・ウジエル氏は「考古学的発見と聖書の記述が結びつくことで、新たな歴史像を描ける。他にも地震の痕跡を見つけたい」と話した。
 見つかったのは崩壊した石造りの建物や無数の土器の破片を含む破壊の痕跡を示す地層で、土器の特徴などから時代を特定した。

Filed under: ブログ

コメント 0 件


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website

CAPTCHA