少年合唱団に少女受け入れ:世界キリスト教情報第1587信:2021/6/21

= 目 次 =
▼教皇、「労働界の片隅にいる人々に対応を」とILO総会にメッセージ
▼教皇「ミャンマーに人道支援の保証を」
▼ドイツの名門少年合唱団が1000年以上の歴史で初めて女性団員受け入れ
▼ニューヨーク州知事ワクチン接種忌避者に受けるよう家庭や教会で呼び掛け

 今回は3番目を紹介する。これって児童の性的虐待で話題となった合唱団ですよね(https://www.bbc.com/japanese/40651975)。しかもそこで長年指導していたのが、前教皇の実兄なので、もちろん否応なく憶測を呼んでいるわけ。少女を入れたらもっと問題が複雑になるような気がしないでもないが。

◎ドイツの名門少年合唱団が1000年以上の歴史で初めて女性団員受け入れ
【CJC】ベルリン発AFP=時事通信によると、1000年以上の歴史を持ち、世界的に知られるドイツ南部レーゲンスブルクの少年合唱団レーゲンスブルク大聖堂聖歌隊が、来年以降、初めて女性団員を受け入れる方針であることが明らかになった。大聖堂付属学校が6月15日発表した。
 聖歌隊は975年創立。現在まで存続する合唱団としては世界で最も古いものの一つで、ドイツ語の名称は「大聖堂のスズメたち」の意味を持つ。聖歌隊が所属するカトリック系付属学校は特に音楽に重点を置くカリキュラムで知られ、これまで少年と若年男性だけしか入学が許されなかった。
 初めてとなる女性団員は2022~23年の学年度から受け入れを開始。女性だけでつくる合唱団を創設する見通しだが、名称は未定という。□
Filed under: ブログ

コメント 0 件


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website