アメリカでのアジア系の現実:飛耳長目(87)

https://wedge.ismedia.jp/preview/81c1bd8f7c22bed8bff26dce35447ff081c2f1ea

 読んで印象深かった一節を引用しておきたい。

 「私たちは地位を築いたと思われており、法を守りながらこの国の記憶喪失の霧へと消えていく。我々は権力になれない代わりに、権力に吸い上げられる。白人の権力を分け与えられないどころか、我々の先祖を搾取してきた白人のイデオロギーの引き立て役にすぎない。  この国は、人種上のアイデンティティーは重要じゃないと言う。いじめも昇進も、私たちが何か話すたびに言葉を遮られるのも、人種とは関係ないそうだ。私たちという人種はこの国とは何ら関係がないから、我々はよく統計で「その他」にされる。人種分析でも、レイプや職場内差別、DVで我々のことは議題に上がってこない」

Filed under: ブログ

コメント 0 件


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website

CAPTCHA