世界キリスト教情報第1572信:2021/3/8

= 目 次 =
▼「生き残ったら奇跡」と戦時下の日本をバチカンに報告した書簡確認
▼教皇、イラク訪問を前にビデオメッセージで挨拶
▼教皇、ローマ発、バグダッド着=初のイラク司牧訪問
▼教皇、イラク司牧訪問2日目にシーア派最高権威シスタニ師と会談
▼教皇のイラク司牧訪問、全日程こなしローマへ

 今日は最初のニュースを紹介。

◎「生き残ったら奇跡」と戦時下の日本をバチカンに報告した書簡確認
【CJC】ローマ発共同通信が、第2次大戦中に駐日ローマ教皇使節(現在の
大使に相当)を務めたパウロ・マレラ大司教が戦時下の日本の様子をバチカン
(ローマ教皇庁)高官に報告した書簡が現存することが3月3日までに分かっ
たと報じている。
 書簡は、空襲警報が絶えず鳴り響く日々に言及し「この破滅の後に生き残る人がいれば奇跡だ!」「外国人にできることは全く何もない!」と伝えていた。
 教皇ピウス12世(在位1939~58年)関連の機密文書をバチカンが公開、共同通信が1944年12月12日付のイタリア語で手書きされた書簡を確認した。
Filed under: ブログ

コメント 0 件


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website