渋沢栄一の毀誉褒貶:遅報(68)

 NHKで清々しく爽やかな雰囲気が振りまかれている。と、むらむら天邪鬼が・・・。知人からご教示頂いた、黒岩涙香『弊風一班・畜妾の実例』社会思想社、1992(原典は「萬朝報」1898年)、を入手できた。「ちくしょう」と発音してみると身も蓋もない。もちろんその効果を織り込み済みの表題だろう。渋沢は、p.37に第90番目に登場する(掲載総数は延べ510人:大まかに言って著名人が早めに出てきている)。

身長は、153cmだったらしい。ただ160.6cmという別説もあって、これだと、伊藤博文と同じになるが、さて:http://irisio.seesaa.net/article/101774731.html

 「(九〇)渋沢栄一は、深川福住町四番地の自宅に大坂より連れ来りし田中久尾(二十八,九)という古き妾あり。日本橋浜町一丁目三番地の別宅には元と吉原仲の町林家小亀こと鈴木かめ(二十四)なる妾を畜う。」

 こんなに番地や実名書かれての暴露記事、いうなれば現代の文春爆弾で、私だったらたまらんが、当時は当事者にとってどうだったのだろうか。彼は1840年生まれで1931年に91歳で死亡しているから、この文面のときは58歳。それで思いついたので例の山田風太郎『人間臨終図鑑』を見てみた。第4巻のpp.370-372で、まずプラス面を書いた後、最後に以下が。「ーーとはいえ、きれいごとばかりで大富豪になれるわけがない。女道楽にかけても渋沢は大変な色豪で、そのためばかりではないが、岩波茂雄に勧められて『渋沢栄一伝』を書いた露伴は、以後渋沢の名が出るたびに不機嫌な顔をした」とある。幸田露伴の本も欲しくなって調べたら、岩波文庫で読めることを知った。また渋沢の自伝『雨夜譚』も岩波文庫にあるようなので、どこまで書いているのか比較したくなったが、そんなことやってる暇はないので、だれかやらんかいな〜。大学のレポートには最適だと思いますが。

 いずれにせよ、女権論者の皆々様がわが祖国の最高紙幣や大河ドラマへの彼の採用に対しまったく非を鳴らす気がないようなのは、たいへん心の広いことである。わが敬愛するイタリア並になったことを言祝ぎたい。

【追記】黒岩をザッと読んでいて色々驚いた。森鴎外(1862-1922)は『舞姫』で留学中のドイツ人女性の話を書いていたが、どうやら留学から帰るなり十八、九歳の児玉せきなる女性(当時三十二歳)を深く寵愛し、細君を離縁し本妻に直そうとしたが、母によりその母なみ(六十歳)ともども外妾とすべしと言い渡され、すぐ近所に別居せしめ、爾来母より手当が送りつけられた、と。なんというマザコン、いや明治の母刀自はしっかりしていたなあ。

 また、ローマ法がらみで私が知っていた末松謙澄(1855-1920)も思いがけず掲載されていて、彼は正二位勲一等子爵だったが、妻・生子は伊藤博文の次女で我がまま放題だったので敬遠し、「妻の厳重なる監視の目を潜り日本橋区箔屋町七番地の絵草紙屋錦華堂浅井一忠の娘けい(二十三)を妾とし、檜物町の春の屋を以て会合の場所とせり」(p.135)、と。

 まあ彼ら両名は一人を囲っていただけのようなので、私からすると、表社会の体面から解き放され、安らぎを求め、素の自分に帰れる場を求めてのことだろうと、なんとなく分かる気がしないでもないが、当たっているだろうか。なに、「家政婦は見た!」の第15作「財界一族の虚飾の争い」(1996年)の再放送を見ての思い付きだが。

【補遺】このブログを読んだ後輩からメールが来た。「黒岩涙香の記事、当時は、この記事に名前が載ることこそ名士の証として、 自分を載せてほしいと要望が殺到したらしいですよ」と。それでそこで紹介された以下を発注した。杉岡幸徳『世界の性習俗』角川新書、2020年。その箇所はpp.156-7。文脈に沿ってまとめると、黒岩は妾制度の猖獗に義憤を感じて書いたのだが、彼の思惑と真逆に「この記事に名前が載ることこそ名士の証、ということで、「早く俺の名前も載せてくれ」「なぜ吾輩を取り上げてくれないんだ」などという要望・苦情が殺到したのです」という仕儀に。この事例を根拠に、著者は、最近の日本での「不倫」騒動の偽善性を指摘さえしているのである。この著者によると、どうやら私もごく最近の風潮に毒されてしまっていたようで・・・、この点は否定すべきもないか。

 ただ著者の筆致は私にはいささか典拠的にいい加減な印象を受けた。まあ七割引きくらいの信頼度で読むのがいい感じではある。というのも、情報のほとんどが他文獻からの孫引きで、しかもいわゆる未開民族の奇習を超時代的に根拠にしているからである。私が現役中に必読書に推奨した赤松啓介は自らの体験談を書いているわけで、そこが説得力の違いのような気がする。

Filed under: ブログ

コメント 0 件


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website

CAPTCHA