世界キリスト教情報第1565信:2021/1/18;劣悪な母子施設

= 目 次 =
▼コプト正教会がソーシャルメディアの「フェイクニュース」に警告
▼女性に朗読奉仕者と祭壇奉仕者への道開く教皇自発教令
▼教皇フランシスコの主治医が新型コロナウイルスで死去
▼教皇と名誉教皇ベネディクト16世がワクチン接種
▼スコットランド・グラスゴー大司教が70歳で急死
▼新型コロナ禍でカトリック司教が相次ぎ死去
▼アイルランド母子施設で子ども9000人死亡
▼米で聖書のポッドキャスト番組がダウンロード数1位に

 今回は、コロナが原因での死亡記事が多かった。寒々しい年明けである。ただ最後から2番目のものは毛色が違っているが、内容はやはりやりきれない。

◎アイルランド母子施設で子ども9000人死亡
【CJC】ダブリン発AFP=時事によると、アイルランドで国や教会が1998年まで運営していた母子生活支援施設で、子ども約9000人が死亡していたことが、1月12日に発表された政府の公式調査報告書で明らかになった。ミホル・マーティン首相は翌13日、国として公式に謝罪した。
 歴史的にカトリック教徒が多いアイルランドの「母子の家」は、配偶者がおらず、パートナーや家族からの支援も得られず、社会から厳しい非難にさらされた妊婦らを受け入れる施設だった。
 政府の母子の家調査委員会(CIMBH)は、施設が運営されていた76年間について調査を実施。その結果、施設にいた子どもの15%に当たる約9000人が死亡していたことが分かり、その数は「不穏」というべきレベルだったと指摘した。
 施設内で生まれた子どもの多くが、母親から引き離されて養子に出され、血縁関係を完全に断たれていた。□
Filed under: ブログ

コメント 0 件


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website

CAPTCHA