世界キリスト教情報第1564信:2021/1/11

= 目 次 =
▼「キリスト教活動でコロナ感染拡大」と中国でネット騒動
▼教皇がコロナ・ワクチン接種受ける意向、英女王夫妻は接種済み
▼システィーナ礼拝堂の赤ちゃん洗礼式もコロナで中止
▼米議事堂襲撃で警官1人死亡し死者5人に
▼米司教らが議事堂突入を非難し平和のために祈り呼びかけ
▼正教徒はキリスト降誕を1月7日祝う

 今回は最初の記事を紹介する。
◎「キリスト教活動でコロナ感染拡大」と中国でネット騒動  
【CJC】新型コロナウイルス感染症の発症者が増えている中国河北省で、キリスト教の活動が感染を広めたのではないかとの見方がインターネットで拡散する騒ぎになった。共同通信報道を紹介する。  
 ネットメディアなどが、公開された同省石家荘市の発症者の行動歴を巡り、市 内のある村の責任者が「毎週家庭内で宗教活動がある」と言及したと報道。プロテスタント系信者は個人の家庭に集まり礼拝することも多く、キリスト教の活動 と感染拡大を結び付ける見方が広がった。  
 石家荘市は8日までに発症者118人、無症状感染者177人を確認。一部地域は封鎖中で、緊急検査で既に980万人から検体を採取した。  
 政府公認の石家荘市天主教(カトリック)愛国会は7日、「欧米人神父が来て欧州のウイルスを広めた」などの情報が出回っていると指摘した上で、デマだと 否定した。  
 中国には非公認のカトリック系地下教会やプロテスタント系家庭教会もあり、 抑圧を受けている。北京市は8日、感染対策で「農村部の(地下教会など)違法な宗教活動を調べる」と発表。全市で宗教施設の開放や活動も止めるとした。 
Filed under: ブログ

コメント 0 件


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website