私の生前葬:痴呆への一里塚(41)

 NHKの「所さん、たいへんですよ」の今日のテーマはどうやら生前葬のようで、遺骨をダイヤモンドにするとか(45万円かかると言っていた)、やっていた。それを見ていた妻が思い出した。「むかし、孫娘(ましろ、といいます)が、死んだじいじを書いたことあったよね」と。

 孫娘のそういう面白い絵はどこかに保存しているはずと、パソコン検索したら、すぐに出てきた(一番下のⅠ行は私のメモ)。

 今から10年前、彼女が7歳11か月のときに書いてくれた。眼鏡はかけているし頭もふさふさ。どこで学んだのか、口の表現が絶妙だし、足がない。このころはこんな天然の絵をたくさん描いていて、翌年一月私が白内障の手術したときは、お手製の「お守り」も作ってくれた。

 これを葬式の引出物にしたら、と嫁さん。いい提案だ、と同意したら、調子に乗って「弔辞も自分で書いておいたら」と。徹頭徹尾、どうやら自分でするのは面倒くさそうなので、本当にその準備しておこうか。

Filed under: ブログ

コメント 0 件


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website