世界キリスト教情報第1559信:2020/12/7

= 目 次 =
▼米連邦最高裁でコロナ対策理由の礼拝制限認めない判断相次ぐ
▼パレスチナ主流派、バイデン次期政権チームと接触
▼聖地ベツレヘムの教会放火未遂でユダヤ人男性逮捕
▼教皇、新枢機卿らと待降節入りミサ=「祈り、愛し、目覚めて待つ」
▼バチカン聖ペトロ広場にクリスマス・ツリー設置
▼マリア像の首切られ、ベネチア総大司教が修復への祈り呼びかけ
▼A・テイラー氏が「ソジャーナーズ」会長に就任

 最後の文章の中に以下を見つけた。「テイラー氏は、1968年に結婚した黒人の母と白人の父の息子、ラビング対バージニア州の最高裁判決が全国的に異人種間の結婚を合法化した1年後のことだった」。

 それまでアメリカでは異人種間の婚姻は禁止されていたわけだ。それが1967年とは。とんだ自由とチャンスの国なのだ。

Filed under: ブログ

コメント 0 件


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website

CAPTCHA