学術会議問題考:飛耳長目(65)

 昨日また拡販なのだろうか、S経新聞がポストに。それを広げていつもどおり後から読みはじめる。なるほど新聞は下世話な情報満載だなと思っていると、「正論」で「廃止しかない「日本学術会議」」なる見出しが。書き手は島田洋一氏、福井県立大学の先生らしいが、寡聞にして初見の人だが、かなり激烈に自説をご披露されている。そこまで乗れない私は若干間を取って、テレビ報道ではまったく出てこないが、やっぱり学術会議への批判も流れているのだな、とこれについては納得した次第。

 世の中、レッテル貼って安心したがるのは私を含め愚民の常であるが、御用学者にならずに所信を貫くことは至難の技と改めて感じた次第。問題点を鋭く指摘するのが研究者で、妥協であれ問題解決に動くのが政治家の役割のはずなのだが、いつしかそれが混同され、専門バカの研究者が政治家風を、ド素人の政治家が研究者風を吹かしだし、その上それぞれが左右に分かれての舌戦に終始し出すと、まあ生産的な結果には結びつかないのは自明で、この両者のバランスはいつでも微妙である。

 そんな中、ウェブで伊東乾氏が学術会議批判を連発していて、私にはおおむね説得的な気がするのはなぜだろう:https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/62372;https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/62462;https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/62498;https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/62566?utm_source=editor&utm_medium=mail&utm_campaign=link&utm_content=top

 なかでも10/16の「ノーベル賞、男女比に見る「天国と地獄」付録:お気楽極楽、日本学術会議の「男女比修正」」は、私の盲点を突いていて教えられた。

 その最後あたりで、メディア批判の「日本病」に筆が及び、大略以下のようなことを述べている。メディアでは新人記者に「お前が調べたことを書くな、誰かに必要なことを言わせろ。それを書け!」と教える。はなから取材する気などなく「私の口からこれを言わせたい、こういうセリフを引き出せ」というミッションを課して教育し、「その大勢の思考停止が習い性となって、ありがちなシナリオを誰かに言わせる発想が芯まで達する頃、デスクになる」。そして「あるべき正解、あらかじめ結論ありきに表面だけ取り繕って、それでいい気になってトクトクとしている」日本の病、というわけ。もちろん「自分で記事を書くジャーナリストがゼロ、などとは決して言いません。立派な方も、幾人も存じ上げます。でも、大勢は残念な方向にあるのも事実です」とちゃんと逃げ道もご披露されつつ。これは,自戒を含めて、秀逸なご指摘でした。

 これを私の専門に換言すると、学界主流に乗って生き続けるためには、欧米著名研究者の仰っていることを咀嚼して、横を縦にして祖述することに徹するべきで、間違っても自分のド頭に浮かんだ妄想など書くべきではない、ということになる。あるときある著書についてその著者の某研究者に連続で質問したことがあったときに、「それは誰それが、これは誰それが」と欧米研究の典拠を挙げての返答を連発され、それはまあ引用史学では正しいお答えなのだろうが、「では貴方ご自身はどうお考えかなのですか」と反問したくなった体験がある(無作法極まりない私もさすがにそれを聞くのははばかった)。そのうち彼は教授になって学内行政に多忙になり、論文書くのをやめてしまったらしい、という落ちもついたのだが、そうなるとしつこい私は「貴方にとって研究とは・・・」と言いつのりたくなったものであ〜る。我ながら困った性格だ。

【追記】上を書いたと思ったら、やっと出だした。「あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由」:https://mainichi.jp/articles/20201022/k00/00m/040/272000c?cx_fm=mailyu&cx_ml=article&cx_mdate=20201023

 学術会議に限ったことではないが、組織の空洞化・立ち枯れ・腐敗は自助努力が働かなくなることが大きいと思う。存続を揺るがす外圧が必要なのだが、それへの反応が自己防衛にだけ向かうので未来がない。

 

Filed under: ブログ

コメント 0 件


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website