学術会議、平和ボケでいいのだろうか:飛耳長目(64)

 学術会議問題がマスコミでかしがましいが、今の流れには私的には若干違和感あって、ちょっと距離を置きたいのは、なぜ。答は分かっている。今回なぜ六人が任命されなかったのかが問題ではない。学術会議は抜きがたい問題を内包しているからだ。ないわけはないだろう、周辺にいても体感できる、かつての科研費分配への圧力集団と、学閥・左翼の身内意識での人選。もちろん、例のごとく、皆が皆そうだと言うつもりはないが、結果的に主流を押さえるのはどういう傾向かという意味だ。赤旗が火をつけたことから歴然だが、マスコミがそっちには目をつぶってまったく触れようとしないのが問題だ。政権により近いところでの陣取りゲーム。官許の(すなわち体制側の)学士院会員や文化功労者・文化勲章には選ばれようもないレベルが、しかしここまではいける現状・既得権がおびやかされていて、マスコミにリークして騒いでいるわけである。https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/62372;https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/62538

 我が国を取り巻く状況は風雲急を告げている。権力の腐敗の監視は必要だが、こんなことにかまけていていいのか。疑問である。

 最近気になった下世話なニュース:

 「日本人と中国人を敵に回したネイマールの「大罪」:「ブラジルの至宝」が「人種差別主義者」へと評価大暴落」(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/62234):最近ある講演会で、やっぱりサッカーの往年のスター・Z.Y.ジダン頭突き事件を話したので。私はもともとサッカーが紳士のスポーツだとは思っていない。真相はどうやらイタリア人M.マテラッツィが「お前の姉貴より娼婦(puttana) のほうがましだ Preferisco la puttana di tua sorella」といったことになっているが・・・。ジダンがあのイタリア語を単語レベルで「お前のねーちゃん、売春婦」とでも解したとでもいうのか。納得いかない。

 「選手村でコンドーム配布、なのに瀬戸大也を処分の怪:「配偶者以外との性交渉」が問題なら、選手村の実態はどうする?」(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/62515):昔からオリンピック選手村は男女の肉体駆使しての国際交流の場であ〜る、とは公然と言われてきたことだから、私的にはなんてことないが、たぶんそれ知らない人たちが上から目線で騒いでいるのだろうか。それにしても、おみゃー、そんなこといえる立場?、といいたい。私はいえません、はい。

Filed under: ブログ

コメント 0 件


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website