前政権の評価:飛耳長目(59)

 ちょっと前どこかで目にしたのだが、安倍が自画自賛している成果は、実は、彼が「悪夢のような」と口を極めて罵倒してきた民主党政権時代に手がつけられた政策で、というものがあって、私には目にうろこだった。それを射程に置いた論説が出たので、メモしておく。ビル・エモット(英誌「エコノミスト」元編集長)「安倍前首相の評価:遂げた改革一覧に失望」:https://mainichi.jp/articles/20200927/ddm/002/070/062000c?cx_fm=mailyu&cx_ml=article&cx_mdate=20200927

 以下も、参照:「安倍政権に対する後世の評価は、「悪夢の民主党政権」のリベラルな政策を実行したこと?」(https://diamond.jp/articles/-/248638)

 そして、以下も。「アベノミクス人気「宿願」安保に利用:異次元緩和「勝ち目」消え 元日銀理事・早川英男氏に聞く」(https://mainichi.jp/articles/20200930/dde/012/020/036000c?cx_fm=mailyu&cx_ml=article&cx_mdate=20200930)

Filed under: ブログ

コメント 0 件


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website