これで糖尿になれば終わりです:痴呆への一里塚(25)

 明日から実家に10日あまり滞在する予定なので、重い腰を上げて近所の医院に行った。薬をもらうためである。そしたらレントゲン、心電図、血液検査をさせられてしまった。まあコロナ騒ぎで普通の患者が来なくなって病院も大変なんだろうな。

 挙げ句、「これまで心臓で何かありましたか。虚血か心筋梗塞とか、ちょっと心電図に出てます。コレステロール、中性脂肪、γGT、これに糖尿になれば終わりです」と脅かされてしまった。今から20年くらい前になるか、職場の健康診断で心電図がひっかかり、郊外まで出かけて心臓専門の榊原クリニックだっけで検査を受けたあげく無罪放免ということもあった。でもちょっと歩くと息苦しくなり、心臓への負担はたしかに実感している。昔から私は肝臓の数値がなぜか悪いので、アル中扱いされて、控えなさいとこれまでよくいわれてきたが、そんなに飲んでいる自覚はないので、これはアルコールではなく肥満のせいだと思っている。

 コロナ騒ぎで図書館に行くのもおっくうになってしまったが、ピンコロリンするためにはやっぱり運動しなきゃなあ、ということで、帰省して散歩してみようかと、このときばかりは殊勝に考えている私がいる。

Filed under: ブログ

コメント 0 件


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website