疲労は目から:痴呆への一里塚(21)

 溜まっていたラテン語訳を昨晩気張ってアップしたら(全部はできなかったが)、今朝は体がだるい。素人見立てだが、足などリンパ腺沿いあるいはツボ沿いに抑えてみる。そうこうしていると肩の凝りにも気付いた。妻に言わせると、もう歳なんだから無理しちゃ駄目、というわけだが、昔から無理しないと何も前に進まないのでしょうがない。血圧を計ってみたが140台と80台なのでそう悪くはない(あ、降圧剤は飲んでます)。

 今日はゆっくりするしかないと日中はぐだぐだごろごろ、うとうとしているうちに時間が経ち、夜になって体調は平常に戻ってきたが、今度は目の焦点がおかしくなって。というわけで、どうやら目の酷使が体調変調の原因らしいと素人診断。こうして段々仕事ができなくなっていくのだろうか。

 こういうとき、どういう巡り合わせか、パソコンまでおかしくなる(得てしてそういうものだ)。動作ののろさにはこれまでだましだまし付き合ってきたが、今回新機軸は突然勝手に再起動し出したことで・・・。ま、購入して九年とか六年物だったりするので、寿命といえば寿命なのだが、年金生活者には新規購入はたいへん痛いのである。

【後日談】ケーブルテレビで宣伝していた目のサプルメントを購入してみる気になったが、さて、結果はどうなるだろうか。

 

Filed under: ブログ

コメント 0 件


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website