世界キリスト教情報第1528信:2020/5/4

= 目 次 =      
▼教皇、ストリートペーパー関係者に励ましのメッセージ      
▼ユダヤ正統派指導者の葬儀でニューヨーク市長が「強制解散」      
▼ロシア『至聖三者聖セルギイ大修道院』の修道士見習いが焼身自殺      
▼ドイツ極右政党がファシスト自称の報道官を停職処分      
▼マルタ騎士団のデ・サンギネット総長が死去

 今日は、最初の記事の情報の拡散を期待しつつ(ささやかながら私も参加する:四谷でも販売者さんが立っているのを目撃してきたし)、それと2番目を紹介しようと思う。

◎教皇、ストリートペーパー関係者に励ましのメッセージ  
【CJC】新型コロナウイルスが猛威を振るい、パンデミック(世界的大流行)危機の影響下にある中、『ビッグイシュー』など「ストリートペーパー」の販売者は最大限の予防対策を迫られながら販売を続けている。販売者にとって、路上が生きる場であり、そこでの仕事が唯一の収入源、名実ともに死活問題だ 。  
 バチカン(ローマ教皇庁)の公式通信『バチカン・ニュース』は、教皇フランシスコが、世界のストリートペーパー関係者に、書簡を通じて連帯を表明した、と伝えている。  
 教皇は、パンデミックがもたらした多くの試練のために、無数の人々が、生活の変化を余儀なくされ、厳しい困難に立たされている、と述べ、特に最も弱い立場にありながら、最も重い犠牲を強いられている、ストリートペーパー販売者たちに挨拶をおくった。  
 『カリタス・イタリア』が始めた『スカルプ・デ・テニス』誌が、収入のない130人以上の人々に市民としての基本的権利を取り戻させたことをはじめ、世界35カ国、25言語で発行されている、100以上のストリートペーパーが、およそ2万500人のホームレスの人々に仕事と収入を保証している、と教皇は言及した。  
 何週間もの間、これらのストリートペーパーは販売されず、それを売っていた人々が仕事を失っている状況に、教皇は編集者、ボランティア、このプロジェクトによって生計を立てる人々、そしてこの間にも多くの新しいアイデアをもって尽力する人々に、連帯を表明した。  
 パンデミックの影響で仕事が困難になっても、世界のストリートペーパーはさらにたくましくなって戻ってくるだろう、と教皇は指摘、貧しい人たちを見つめ、現在起きていることに対する意識を呼び覚ますよう呼びかけた。  
 教皇は、「皆さんが伝えてくれるニュースと、皆さんが語る希望に感謝します」と述べ、ストリートペーパー関係者に励ましと友情のメッセージをおくられた。  

 日本でも外出を控えるよう訴えられており、路上が生きる場であり、そこでの仕事が唯一の収入源の『ビッグイシュー』(日本語版)販売者には、名実ともに死活問題。  
 行政当局や他の支援団体とも連携して、路上生活者が身体を休める個室の確保などを話し合う中で、販売者を少しでも経済的に応援するため、3カ月間限定で通信販売を行うことにした。  
 3カ月分の雑誌計6冊を申し込み者に郵送し、販売収入の半分以上を、仕事ができない販売者に支給する。2000人の参加目標が達成できれば1人当たり4万6000円程度の現金給付を行えるという。
※希望される方は6月30日までに『ビッグイシュー日本』のサイト(https://www.bigissue.jp/buy/subscription/reg3month/)で。
◎ユダヤ正統派指導者の葬儀でニューヨーク市長が「強制解散」  
【CJC】ニューヨーク市ブルックリン区で4月28日、新型コロナウイルスに感染して死亡したユダヤ教超正統派の指導者の葬儀に際し、約2メートル強の「ソーシャル・ディスタンス」(社会的距離)を確保するという外出制限に反して大勢のユダヤ教徒が交差点にあふれるほど繰り出し、警察官ともみ合いになった。  
 ビル・デブラシオ市長が現場に乗り込み、警察が参列者を帰宅させる任務を監督した。市長は同日夜、ツイッターで「ユダヤ人社会」を名指しして批判。「警告の時は過ぎた。多数で集まる人には召喚か逮捕をするよう市警に指示した」と書き込み「大規模な集会はさらなる死と悲しむ家族を生むだけだ」と強調した 。
 デブラシオ市長は29日の記者会見で、集まったのは「数千人」規模だったと説明。「互いを感染の危険にさらし、駆け付けた警察官をも危険にさらした」として、葬儀を行ったユダヤ教超正統派コミュニティーに対して「宗教上の理由であっても許されない」と指摘、今後も「社会的距離」を無視した集会が開かれた場合は、強制的に解散する他、逮捕する可能性もある、と警告した。  
 ニューヨーク市では、これまでも一部のユダヤ系市民が葬儀や祭日などに集まり、市警が警告するケースがあった。  
 100万人以上とされるユダヤ系市民からは「一部の行動でユダヤ人全体を批判するのはおかしい」「反ユダヤ主義をあおる」などの反発の声も上がっている。  
 ニューヨーク州内の感染者は約30万4千人で、死者数は前日より306人増の1万8321人となった、とアンドリュー・クオモ州知事は30日の記者会見で語った。□
Filed under: ブログ

コメント 0 件


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website