知らなんだ〜かつて多民族帝国だった日本:飛耳長目(26)

 また麻生太郎がアホなこと言った。彼がカトリックであるのが恥ずかしい。本人は前段と後段で言っていることの論理矛盾も感じていないようで。https://www.fnn.jp/posts/00049762HDK/202001141152_seijibu_HDK

 それにしても、下記を読んで、日本が堂々と多民族国家であると標榜していた時代があったことを知った。というか、忘れていた。「八紘一宇」の時代。それを忘れてはならない。いや、思い出して、五族協和ならぬ人類協和に邁進すべき時代になっているのでは。島国根性が染みついている我々には、ほんとうにしんどい作業であるけれど。

https://mainichi.jp/articles/20200204/k00/00m/010/113000c?fm=mnm&pid=14606

【追記1】「自分は元海軍少年航空整備兵であります」台湾軍国少年の愛国心 https://wedge.ismedia.jp/articles/-/18697;https://wedge.ismedia.jp/articles/-/18697?page=2

【追記2】樋泉克夫「明治の反知性主義が見た中国」https://wedge.ismedia.jp/category/meijihanchisei

Filed under: ブログ

コメント 0 件


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website