太陽と火山と遺跡や古墳:飛耳長目(25)

古墳と火山と太陽 ~第441回望星講座から~

2020年1月15日:北條芳隆(東海大学文学部歴史学科考古学専攻教授)

 弥生時代や古墳時代には、火山や太陽の運行を意識して、遺跡や古墳が一直線上に造営されたものが存在する、と論じていて興味深い。

:https://mainichi.jp/articles/20200110/hrc/00m/070/002000d

Filed under: ブログ

コメント 0 件


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website