中国の下層民:遅報(18)

 いつものように見るともなく、見た。2019/12/17プレミアムカフェ選「勺勺客(ショーショーカ):中国・宮廷料理人の故郷」。2010年の再放送。https://www.bilibili.com/video/av70182112/

 この再放送でのゲストのパン・ウェイさんの優雅な所作がさすが中国5000年の洗練、という感じだった。こんな調子でハニー・トラップされたら、それこそイチコロである、私などは。

 番組では、「宮廷料理人」という題目に反して、そのなり手を目指す底辺庶民の中国人が登場していて(そのけなげさには本当に感動してしまった)、めずらしく表だけでなく裏(家庭内での葛藤とか)も見せてくれたこともあって、その対比がなんとも言えない絶望的な格差を如実に示すことになっていて目を奪われた・・・。初演から10年。登場人物のみなさん今はどうなっているのだろう。

 「勺勺客」とは、冠婚葬祭の現場に出向き、招待客に数々の伝統料理を提供する出張料理人のこと。そのルーツは歴代の皇帝たちに仕えた宮廷料理人だという。多くの勺勺客を輩出してきた古都・西安郊外の町と、彼らが伝承してきた料理の技の記録。https://www4.nhk.or.jp/pcafe/x/2019-10-02/10/9524/2325006/

Filed under: ブログ

コメント 0 件


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website