いよいよノコギリヤシ?:痴呆への一里塚(12)

 ふと今朝気付いたことだが、このところ早朝に目が覚め、だけどすぐに起床するにはどうも寝足りていないので、二度寝していることが続いていて、あれひょっとしてと思いついたのが、トイレ起床である。最初に目覚めた時、必ずトイレにいって小便しているはずなのだ。

 今のところ、そのまま二度寝すればそれなりに満足しているのだが、それも一週間前にサプルメントを替えたことと関係あるのかもしれない。さて何年前になることやら、起きても疲労が抜けていないことに気付き(まあ、40代以降ずっと気だるかったのは確かである)、そんなとき、そういえば生前父がよくシジミ汁を飲んで「精がつく」と喜んでいたなあ、とふと思い出し、騙されたつもりで「シジミ習慣」を購入。これは当時の私にとって画期的な効果があった。テレビでの宣伝通り、朝の目覚めがいいのである。以来ずっと常用し続けてきたのだが、最近どうも効き目が落ちた感じがあり一日の錠剤数を増やしても(最初二錠、現在四錠)改善されなかった。

 最近になって、やっぱりテレビの宣伝で、「にんにくしじみ」が目に付き、より強力なのではと試しに購入し、数日前からそれを一錠とシジミ習慣を二錠、飲み出したところである。朝の目覚めは確実に爽快になったが、同時に二度寝していることにも気付いた次第。

 実は、このところ、日中に頻尿気味で何度もトイレにいくようになっていた。それもトイレが近づくと決まって洩れそうになるので始末が悪い。順番待ちだったら漏らしが必然、そんな感じなので、万一を考えると早め早めに行こうという気になる(特に外出時)。それがますます頻尿を促進することになるという理屈は、分かっているのだが、背に腹はかえられない。

 現在72歳と4か月。いよいよ先はそう長くない気がする。

Filed under: ブログ

コメント 0 件


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website