最新「世界キリスト教情報」より

 今回の第1478信(2019/5/20)は、これこそカトリック、というべき話題(聖母マリア出現奇跡地への巡礼認可や、奇跡的治癒実施者の聖人認可など)満載。まあ、こういったことも受け入れちゃう感性がないとカトリックは理解できないだろう。
 また、2番目の新求道共同体は、実は1番目にも顔を出している。ローマで教皇が今年新司祭に叙階した19人中8人が「レデンプトリス・マーテル」神学校出身者だった、と。
 最後のジャン・バニエ氏の死亡記事は内容が落ちているが、障がい者尊厳のための活動家。

▼「世界召命祈願日」=19人の新司祭を教皇叙階      
▼米ニューメキシコ州ラスクルーセスに『新求道共同体』の補佐司教      
▼教皇、「メジュゴリエの聖母」への巡礼を許可      
▼スイス連邦大統領がトランプ米大統領と会談      
▼米アラバマ州で中絶禁止法成立 大統領選の争点化必至      
▼台湾でアジア初の同性婚法が成立、養子縁組認めず      
▼ナイジェリアの反ボコ・ハラム民兵組織が子ども兵士894人解 放      
▼ブラジルのイルマン・ドゥウセ修道女が聖人に      
▼『ラルシュ』創設者ジャン・バニエ氏死去
▼《メディア展望》

 興味ある向きは以下に、送信希望してみて下さい。
世界キリスト教情報  連絡先:ckoriyama@gmail.com(ご連絡の際は「@」を半角にしてください)

Filed under: ブログ

コメント 0 件


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website